SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

おすすめの講座

  • [11月12日]Googleアナリティクス実践講座~基本操作編

おすすめのウェビナー

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第62号(2021年2月号)
特集「D2Cビジネス成功の法則」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

リサーチデータで読み解く!最新Webマーケティング

【検索エンジン調査】明らかに異なる、Yahoo!とGoogleの「検索」ユーザー像

検索エンジンといえば、Google/Yahoo!を思い浮かべる方も多いと思いますが、それぞれのユーザー層は大きく異なります。今回から、3回にわけて検索エンジンのユーザー層を探っていきます。【関連記事は こちらから! 】

はじめに

Webマーケティングガイドでは、インターネット調査会社のメディアインタラクティブと共同調査のもと、定点観測として、「検索サービスの利用実態」に関する調査を実施した。

調査概要/調査結果サマリー

調査概要

  • 調査対象者 :16歳~59歳の男女(性年代の均等割付け)
  • サンプル数 :500
  • 調査期間  :2008年4月9日~2008年4月10日
  • 調査方法  :インターネットリサーチ
  • 調査機関  :株式会社メディアインタラクティブ

調査結果サマリー

  1. 90%弱のユーザーが、1日1時間以上インターネットを利用している。
  2. Yahoo!には、ライト・ミドルユーザー(ネット利用時間が短い)や女性、若年層が多い。
  3. Googleには、ヘビーユーザー(ネット利用時間が長い)や男性が多い。
  4. 百度の利用率は1.2%と、日本市場でシェアを伸ばしつつある。

利用時間:90%弱のユーザーが、1日1時間以上

 Q1では1日のインターネット利用時間について尋ねた。利用時間は「2時間~3時間未満」が23.2%と最も多く、次いで「1時間~2時間未満」が22.0%となった。

 1時間未満と回答したユーザーはわずか10%強で、この調査がインターネットリサーチであることを考慮したとしても、90%近くのユーザーは1日に最低1時間以上インターネットに接触していることが伺える。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

次のページ
利用している検索サービス:Yahoo!とGoogleが2強

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
リサーチデータで読み解く!最新Webマーケティング連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

株式会社セプテーニ(カブシキカイシャセプテーニ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング