SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

おすすめの講座

  • [11月12日]Googleアナリティクス実践講座~基本操作編

おすすめのウェビナー

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第64号(2021年4月号)
特集「あなたの知らないZ世代」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

阪急阪神HD、西宮市域で居住者向けMaaSの実証実験へ 検索・予約・決済などワンストップで提供

 阪急阪神ホールディングスグループは三菱総合研究所と共同で、阪急阪神沿線の拠点都市である西宮市において、沿線居住者向けの都市型MaaS(Mobility as a Service)の実証実験を4月21日(水)から7月20日(火)にかけて実施する。

 同実験では、西宮市在住で阪急阪神のグループカード「STACIA PiTaPa(スタシア ピタパ)カード」会員の中から約1,000名をモニターとして募集する。

 モニターには同社が提供する実験用のスマートフォンアプリ「maruGOT(まるごっと)にしのみや」を通じて、西宮市域を中心とする経路・施設検索から予約・決済、ポイントサービスなどのサービスをワンストップで提供するほか、アプリと連動したイベントに参加してもらう。

maruGOTイメージ
maruGOTイメージ

 これにより、地域内移動や消費活動に対する本アプリの効果や有用性、機能等の検証を行う。

 ポイントサービスは対象の施設・店舗での利用やイベントを通じて、モニターにアプリ限定のポイントが付与される。取得したポイントは西宮市域(一部市域外を含む)の実験協力店舗・施設等で利用できるほか、同アプリ限定のデジタル1日乗車券との引き換えも可能。

ポイントサービスイメージ
ポイントサービスイメージ

 なお実験期間中に一部の機能・サービスを除き、モニター以外のユーザーも同アプリを利用できるようにする予定。

【関連記事】
JR東日本とANA、MaaS領域で連携 検索・予約・決済などで協力しシームレスな移動体験を提供へ
KDDIとナビタイムジャパン、MaaS領域で連携 アプリ開発からビジネス化支援まで交通事業者に提供
阪急アドエージェンシーと阪急デザインシステムズ、「阪急阪神マーケティングソリューションズ」を設立
阪急メンズ東京、「EAP」による支援のもと公式アプリをリリース/売り場担当者と顧客をアプリでつなぐ
クラシル、イオンリテールと連携しネットスーパー機能を搭載 レシピ検索から買い物までをシームレスに実現

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング