SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第69号(2021年9月号)
特集「BtoBビジネスの勝敗を分ける戦略」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

BASE、1年で新規に50万ショップ開設 急速なEC需要の高まり背景に累計150万ショップ突破

 5月31日、ネットショップ作成サービス「BASE(ベイス)」のショップ開設数が150万ショップを突破した。

 2020年4月以降、コロナ禍における急速なネットショップ開設の需要の高まりを受け、BASE社は機能開発と同時に、新たな決済機能等の導入によってネットショップ運営環境の向上に取り組んできた。

 結果、2020年5月に100万ショップを突破してから1年で新規ショップ開設数が50万ショップ増加。累計150万ショップとなった。

 この急増について同社では、最短で即日中にネットショップをオープンできる点、また初期費用・月額費用が不要で、商品が売れるまでは手数料が一切かからない料金体系である点が1日も早い販路確保が必要なユーザーのニーズにつながったと分析している。

【関連記事】
2021年第1四半期、モバイルアプリが31%成長 ECアプリなどのDL数が急増【Adjust調査】
ニトリのリフォームがLiveCallを導入 店頭タブレットやWebサイトからオンライン接客が可能に
ONWARD DD、Shopifyを活用し45日という短期間でECサイト立ち上げを実現
大幸薬品、一般消費者向けECサイト「TAIKO-Direct」を開設 定期購入サービスも提供
サイバー・バズ、子会社「ソーシャル・コマース」を設立 SNS×EC領域に特化

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2021/06/02 10:53 https://markezine.jp/article/detail/36459

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング