SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第68号(2021年8月号)
特集「ブランドの魅力が伝わる、戦略的な顧客接点」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

横山隆治氏解説!コミュニケーションデザインとメディアアロケーション

テレビ×デジタルで購入意向を最大化させる【実購買データでオーバーラップ効果を検証】

 インターネットの黎明期からネット広告の普及、理論化、体系化に取り組んできた横山隆治氏による本連載。第4回目では、「購入意向」を最大化させるテレビ×デジタルのアロケーションの最適化手法について解説します。

「購入意向」を最大化させるアロケーションの最適化手法

 前回の記事「脱デモグラ×購買層セグメントでターゲットリーチを最大化するメディアアロケーションの手順【応用編】」に続き、今回はテレビ×デジタルのアロケーションにおける3つ目の最適化手法について解説します。

 テレビとデジタルの両方に接触することによる「態度変容効果」、つまりは「購入意向」を最大化するためのアロケーションです。

 今までのテレビ×デジタルでの接触者パネル調査では、たとえば「テレビだけに接触した人」よりも、「テレビとデジタル双方に接触した人」のほうが態度変容効果のリフトアップが高いことが報告されています。「テレビのみ接触」と「テレビとデジタル双方接触者」を比較した下記の図では、「認知効果のリフトアップ」の3倍程度の「態度変容効果のリフトアップ」が見られます。

 さて、先のデータは調査パネルにアンケートを実施した結果ですが、次にCCCマーケティングさんにご協力いただき、実際の購買データでこのオーバーラップ効果を実証した結果を紹介していきます。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

次のページ
実購買データでテレビ×デジタルのオーバーラップ効果を実証

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
横山隆治氏解説!コミュニケーションデザインとメディアアロケーション連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

横山 隆治(ヨコヤマ リュウジ)

横山隆治事務所 代表取締役 ベストインクラスプロデューサーズ 取締役 デジタルインテリジェンス 取締役1982年青山学院大学文学部英米文学科卒業。同年、旭通信社(現・アサツー ディ・ケイ/略称:ADK)に入社。インターネット広告がまだ体系化されていなかった1996年に、日本国内でメディアレップ事業を行う...

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2021/08/05 09:00 https://markezine.jp/article/detail/36919

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング