SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第71号(2021年11月号)
特集「きれいごとで終わらせないパーパス・ブランディング」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

ユーザーの属性とリアル行動データに基づく施策が可能に 凸版印刷が「お買い物アプリ」をバージョンアップ

 凸版印刷は、流通・小売業向けアプリプラットフォーム「お買い物アプリ」をバージョンアップし、集客機能を強化した。

 同プラットフォームでは、会員証やポイント管理、クーポンなどの機能を標準装備。リアルとデジタルでのユーザー行動データを融合し、店舗への誘引だけではなく購買を促す仕組みを提供している。

 今回のバージョンアップでは、unerryが提供するリアル行動データプラットフォーム「Beacon Bank」と連携した「Beacon Bank SDK」を搭載。これにより、アプリユーザーの属性とBeacon Bankから提供されるリアル行動データを組み合わせた計測・分析が可能に。利用企業は、来店やアプリ内での行動履歴、ポイントカード情報などの顧客データを活用したアプリ施策を実施できる。

 また、来店や特定の棚への接近を応募条件としたキャンペーンを作成機能も搭載。これにより、アプリの日常的な利用や再来店を促進するほか、当選者に向けたデジタルクーポンの即時配信を通じてユーザーの購買意欲向上に貢献する。

【関連記事】
凸版印刷と富士ソフトが協業 両社の顧客ネットワークとDXノウハウを融合し企業のICT支援へ
凸版印刷、取引先ごとにWebサイトを構築できる「SALAD-BAR」提供開始
凸版印刷、ONE COMPATH、unerry、リテール企業向けデジタルマーケティングで協業
凸版印刷とONE COMPATH 、Shufoo!の動画広告プランを拡充 エリア別セグメントが可能に
凸版印刷とCCCマーケティング、非接触でサンプリングなどを行える「GXロッカー」サービスを開発

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2021/10/22 16:15 https://markezine.jp/article/detail/37615

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング