SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第71号(2021年11月号)
特集「きれいごとで終わらせないパーパス・ブランディング」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

特集:きれいごとで終わらせないパーパス・ブランディング

一貫したパーパス・ブランディング実行のフレームワーク 「IPCSEモデル」とは

 10年以上も前からパーパスの持つ意義や力を信じ、パーパス・ブランディング実行支援のコンサルティングを、数多くの企業へ提供してきたエスエムオー。「パーパスは、自分達の強みと情熱を持って発見するもの」と考える同社は、オリジナルのIPCSEモデルを考案し、企業のパーパス・ブランディングに併走する。代表の齊藤三希子氏に、IPCSEモデルの詳細とパーパス・ブランディング実行のための心構えをうかがった。

電子版(誌面)はこちらから閲覧できます。

※本記事は、2021年11月25日刊行の定期誌『MarkeZine』71号に掲載したものです。

パーパス・ブランディングを実行するIPCSEモデル

エスエムオー株式会社 CEO 齊藤三希子(さいとう・みきこ)氏

 電通に入社後、電通総研への出向を経て、2005年に齊藤三希子事務所(後にエスエム オーに社名変更)を設立。「本物を未来に伝えていく」をパーパスとして掲げ、ものの本質的な価値を見据えたパーパス・ブランディングを日本でいち早く取り入れる。フューチャー・インサイトとクリエイティブを融合させた、強く美しいブランドをつくるためのコンサルティングを行なっている。そのために、世界中を旅し、あらゆる人と触 れ、見たことのないものを追い求める。

 エスエムオーが考えるパーパスとは、「企業やブランドがなぜ、何のために存在するか」を言葉で表現したものです。パーパス・ブランディングでは、パーパスを起点にあらゆる経営判断を行い、行動していきます。パーパスを組織の内外に浸透させ、戦略と実行をもって組織の一体感を高め、ステークホルダーとのつながりを作る。そして、社会に対して唯一無二の存在感を発揮していく。この繰り返しの営みが、パーパス・ブランディングなのです。

 そこでエスエムオーでは、一貫性をもってパーパス・ブランディングを実行するためのフレームワーク「IPCSE(アイピーシーエスイー)モデル」を考えました。「IPCSE」は、Input/Purpose/Concept/Strategy/Executionという5つのプロセスの頭文字からきています。このモデルの特徴は、「なぜやるか?」から考えるところです。一般的なブランディングあるいは事業活動でありがちなのは、「何をやるか?」から考えてしまうケース。「新しいことを始めよう」「新規事業をやろう」となったとき、多くの企業は「サステナブルな商品を作ろう」「Z世代向けのサービスはどうだろう?」などと、「何をやるか?」にフォーカスする傾向があります。アイデアはもちろん大切ですが、「何を」だけに囚われてしまうと、企業らしさや独特の強みが見えづらく、さらに振り返りが難しいものです。私たちは、「なぜやるのか?」に立ち戻って行うべきだと考え、IPCSEモデルを発信しています。

この記事の続きはMarkeZineプレミアム会員になるとお読みいただけます。
詳細はこちら
プレミアム記事を毎月1冊にまとめてお届けする定期誌『MarkeZine』年間購読サービスもございます。
詳細はこちら

次のページ
企業を360度から知るInput

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
特集:きれいごとで終わらせないパーパス・ブランディング連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

マチコマキ(マチコマキ)

広告営業&WEBディレクター出身のビジネスライター。専門は、BtoBプロダクトの導入事例や、広告、デジタルマーケティング。オウンドメディア編集長業務、コンテンツマーケティング支援やUXライティングなど、文章にまつわる仕事に幅広く関わる。ポートフォリオはこちらをご参考ください。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

松崎 美紗子(編集部)(マツザキ ミサコ)

1995年生まれ。早稲田大学商学部を卒業後、新卒で翔泳社に入社。新入社員として、日々奮闘中です。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2021/11/25 10:27 https://markezine.jp/article/detail/37769

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング