SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第76号(2022年4月号)
特集「リテール最新動向」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

業界キーパーソンと探る注目キーワード大研究(PR)

“俺たちのテレ東”とマーケティングの課題を解決!「テレ東コンシェルジュ」が目指す新しいタイアップの形

 独自路線の番組制作を貫き、多くのファンから愛されるテレビ東京。コンテンツメイキングのプロ集団である同社が、2021年10月に法人向けマーケティング支援サービス「テレ東コンシェルジュ」を開始した。同社の番組コンテンツを活用して、企業のマーケティングやプロモーションの課題解決を目指すという。本記事では発起人である合田知弘氏と平山大吾氏にインタビュー。サービスに込めた想いや具体的な支援内容を聞いた。

人気番組を制作しながらビジネスサイドの業務も兼任

MarkeZine編集部(以下、MZ):まずはお2人の簡単なご経歴と、現職での業務内容を教えていただけますか?

平山:私は長年制作局で、番組の企画・演出・プロデュースなどを行っていました。「有吉ぃぃeeeee!~そうだ!今からお前んチでゲームしない?~(以下、有吉ぃぃeeeee!)」や「出川哲朗の充電させてもらえませんか?(以下、充電)」「世界!ニッポン行きたい人応援団」などは、その頃に立ち上げた企画です。

テレビ東京ホールディングス コンテンツ統括局 コンテンツ統括部 部長 平山大吾氏
テレビ東京ホールディングス コンテンツ統括局 コンテンツ統括部 部長 平山大吾氏

平山:現在も引き続き番組制作に携わりながら、コンテンツ統括部で放送や配信を良くするためのフォローアップを行っています。

合田:私は入社以来、番組から派生したビジネスの開発やコンテンツのマネタイズなどに携わってきました。現在は配信戦略部で、番組のインターネット同時配信や「TVer」「Paravi」などとの連携に関わる社内の仕組み作りを担当しています。

テレビ東京 配信ビジネス局 配信戦略部 合田知弘氏
テレビ東京 配信ビジネス局 配信戦略部 合田知弘氏

合田:ビジネスサイドの業務だけでなく「珈琲いかがでしょう」や「ゆるキャン△2」などのドラマ制作も担当していました。

MZ:お2人とも番組制作と他の業務を兼任されているのですね。

平山:社内のセグメント分けはされていますが、個人が担当する業務の幅は広いかもしれません。人数が限られているので、必然的に部署横断の取り組みが多くなるのです。そのぶん横のつながりは強くて、メンバー同士の仲は良いですね。

テレビCM以外のアウトプットで企業の課題を解決したい

MZ:2021年10月にリリースされた「テレ東コンシェルジュ」とは、どのようなサービスなのでしょうか。

合田:簡単に言うと「法人向けのお問い合わせフォーム付きWebサイト」です。テレビ東京と何か面白いことをやりたい企業や自治体の方が、気軽にお問い合わせできるプラットフォームを目指してスタートしました。

【クリック/タップで再生】番組タイアップ編
【クリック/タップで再生】イベントタイアップ編

平山:昔は新聞のラテ欄にテレビ局の電話番号が書いてあって、そこから問い合わせをいただけていました。今はそういう窓口がないので、テレビ局と一緒に何かをやりたい方がどこに問い合わせて良いかわからない

 以前、充電に熊本のスイカ農家の方から「コラボレーションしませんか?」という問い合わせをいただいたのですが、結局何もできなかったことが私の中でずっと引っかかっていて。テレ東コンシェルジュが、そういう声の受け皿になるかもしれないと思いました。

合田:アイデアの種は、平山とともに社内の数名で取り組んでいる「アフターコロナプロジェクト」の中で生まれました。コロナ禍でテレビCMを出稿してくださる広告主の元に足を運べない状況が続き、オンラインで完結できる新しいサービスを作りたいと考え発案したのです。

 テレビ東京という社名を聞くと、どうしても映像制作が先行してしまうと思いますが、テレ東コンシェルジュでは商品開発やイベントの企画など、多様なアウトプットの可能性を探っていきたいです。

次のページ
13文字の番組名と作り手の“必死感” テレ東流の企画ノウハウ

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
業界キーパーソンと探る注目キーワード大研究連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

タカハシ コウキ(タカハシ コウキ)

1997年生まれ。2020年に駒沢大学経済学部を卒業。在学中よりインターンなどで記事制作を経験。卒業後、フリーライターとして、インタビューやレポート記事を執筆している。またカメラマンとしても活動中。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2022/01/26 10:00 https://markezine.jp/article/detail/37794

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング