SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第78号(2022年6月号)
特集「現場に再現性をもたらす マーケターが知っておきたい手法&フレームワーク」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

業界キーパーソンと探る注目キーワード大研究(PR)

次世代サービスをどう作るか。電通デジタルに聞く“アドバンステック”の活用で意識すべきこと

開発に取り組む企業が意識すべき3つのポイント

MZ:企業がアドバンステックに取り組む上で、意識すべきポイントについてお教えください。

川村:大まかに、3つのポイントがあると思います。

 1つ目は、技術の未成熟さです。未成熟な技術の活用には、試行錯誤を前提で取り組む必要があります。1つのテクノロジーに固執しすぎず、他のソリューションと組み合わせる工夫や、柔軟さが求められる領域であるという理解が求められます

 2つ目は、デバイスの普及です。先ほど、顧客体験のために独自のヘッドセットを開発したFiatの事例をご紹介しました。最近になって、Fiatと同じことをスマートフォンで実現したのが「HERO」です。

 HEROはECと実店舗をつなぐオンライン接客ツールで、ユーザーが問い合わせると近くの店舗の販売員と遠隔でつながり、商品の実物を見せてもらったり、詳しい説明を受けたりできるサービスです。

 FiatもHEROもやっていることはオンライン接客ですが、HEROはスマートフォンが普及したからこそ、実現できたサービスです。

 Fiatのように莫大な予算をかけて新しい価値を作り出す取り組みは、社会に大きな影響を与える反面、簡単にできることではありません。デバイスの普及が実現の可能性を上げ、企業が参加しやすい状況を作ったといえます。

川村:3つ目は、ワークフローの見直しです。企業がパートナーに企画を発注する際、ウォーターフォール型の開発になりがちですが、アドバンステックは、実際にやってみなければわからないことの多い領域です。

 アドバンステックのプロジェクトでは、プロトタイピングによる体験の模索、関係者間のイメージ共有、フィジビリティ担保などを、アジャイルで進めていく必要があります

泰良:そういう意味では、企画の構想段階からユーザーに届けるエンドまで、企業と一体となってプロダクトを作ってくれるパートナーの存在が、アドバンステックの活用において非常に重要だと思います。

固定概念に囚われず「三方良し」を目指す

MZ:アドバンステックとマーケティングの両面に強みを持つ電通デジタルとして、今後のどのようなCXを実現したいとお考えでしょうか。

泰良:CXの実現において、我々はよく「三方良し」の話をしています。当社に仕事を依頼してくれた企業、サービスを享受する顧客、そして社会全体にとって価値のある、所謂ソーシャルグッドの実現です。

 たとえば、中国のタクシー配車アプリ「DiDi」は、ソーシャルグッドの好事例です。

 元々中国のタクシーでは運転が荒い、遠回りする、過剰な料金を請求するなどの問題が多発していました。DiDiは、タクシーの運転状況をセンサーで監視しつつ、乗車したユーザーが運転手の対応を評価できる仕組みを導入しました。

 運転手側としても、評価次第で給与が上がる仕組みになっているため、無謀な運転をしなくなります。結果として運転手の人柄も良くなり、社会全体が穏やかになったそうです。

 DiDiは極端な例ですが、我々がアドバンステックを通じて目指す方向性は同じだと思います。

川村:固定概念に囚われないチームでありたいです。

 今回のコロナ禍で私が一番「やられたな」と感じたのは、「黙食」のポスターです。「静かにご飯を食べましょう」のようなプロモーションが沢山実施されたにも関わらず、最も世の中を動かしたのは、福岡のカレー屋さんが作成したポスターだった訳です。

 アドバンステックの領域はまさに日進月歩。テクノロジーを使うことで、今まで不可能だったことが可能になることから、我々はテクノロジーを積極的に活用していますが、目的を実現するための手段は何でも良いと思っています。フォーマットに固執せず、課題解決のために柔軟な打ち手を提供できるポジションを、電通デジタルとして目指していきたいと考えています。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
業界キーパーソンと探る注目キーワード大研究連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

坂本 陽平(サカモト ヨウヘイ)

理系ライター、インタビュアー。分析機器メーカー、国際物流、商社勤務を経てフリーランスに。ビジネス領域での実務経験を活かし、サイエンス、ODA、人事、転職、海外文化などのジャンルを中心に執筆活動中。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2021/12/28 11:00 https://markezine.jp/article/detail/37910

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング