SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第79号(2022年7月号)
特集「TikTok×マーケティングの最前線」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

業界キーパーソンと探る注目キーワード大研究

“在庫廃棄”への対応は、企業の試金石となる。年2,700億円の“余剰在庫”解消を目指すリアコネの挑戦

 企業の存在意義としての「パーパス」を明確に定め、事業を推進していく流れは、海外から日本へと入り、今やブランディングにも活用されはじめている。そのパーパス・ブランディングの日本における第一人者で、電通出身、現・エスエムオー株式会社のCEOである齊藤三希子氏が、スタートアップ「リアコネ」に注目した。なぜ、パーパスの専門家がリアコネに注目したのか。リアコネは、メーカーの“余剰在庫品”を購入するたびにポイントがたまるサービスを展開。サステナビリティが叫ばれる近年もなお、日用品などの製造業における余剰在庫の廃棄問題はブラックボックス化されたままであるケースも多く、その余剰在庫の廃棄問題をサステナブルに解消することを目指すスタートアップ企業だ。今回は、齊藤氏とリアコネ代表・服部昂氏の対談から、製造業が在庫廃棄問題をサステナブルに解消することが企業価値の向上やパーパスの体現にどう寄与するかを探る。

※印刷用ページ表示機能はメンバーのみが利用可能です(登録無料)。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
業界キーパーソンと探る注目キーワード大研究連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

笹山 真琴(ササヤマ マコト)

Makoto Planning,Inc. 代表取締役

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2022/08/05 09:00 https://markezine.jp/article/detail/38977

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング