SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第83号(2022年11月号)
特集「Web3、メタバース、NFT ── 最新技術が マーケティングに及ぼす影響」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

人を育てる。組織を育てる。

サントリー室元氏が率いる、新体制でのDX 全社で連携し「デジタル人材の育成・強化」に取り組む

 マーケティング業界でも深刻な問題となっている人材不足とどう向き合い、どこに解決の糸口を見つけるか? また、ビジネスをリードできる強いマーケティング組織をいかに作っていくか? 各社の取り組みを探る本連載。第7回は、サントリーホールディングスでデジタル本部長を務める室元隆志氏を取材した。長年、先頭に立ってサントリーのデジタル活用ひいてはDX、デジタル人材の育成に注力してきた同氏に、組織的な人材育成を成功に導くためのポイントを聞いてきた。

※本記事は、2022年5月25日刊行の定期誌『MarkeZine』77号に掲載したものです。

2021年1月、全体のハブとなる「デジタル本部」が新設

──室元さんは、デジタルマーケティング黎明期の頃から、サントリーのデジタル活用とそれを実行するための組織作り、人材育成に取り組まれてきました。

 はい、私がデジタルの領域に関わるようになったのは2000年4月からです。それまでは宣伝部でイベントの企画開催を、また5年ほど飲食店向けの営業にも従事していました。2000年というと、まだまだインターネット自体が黎明期だったような頃です。

 当時まず行ったのは、サントリーのホームページの立ち上げでした。それから、新時代に向けて広報部でのお客様とのコミュニケーション基盤の確立、ビジネス活用のR&D、テレビ広告のROI改善、AmazonでのEC取引の開始とそれにともなうシステム・営業体制の整備など、デジタル活用に向けたいろいろな取り組みをしてきました。この数年は、全社のデジタル関連の組織を統括して見ており、デジタル人材の育成はその時々の場所で試行錯誤しながら行ってきました。

サントリーホールディングス株式会社 執行役員 デジタル本部長 室元隆志氏 1988年サントリー入社。宣伝部、営業を経て2000年よりデジタルマーケティングに従事。デジタルマーケティングのプラットフォーム構築、コミュニケーション、BtoBやECを含めたマーケティング手法開発などを手がけながら、デジタル人材の育成にも長年注力。
サントリーホールディングス株式会社 執行役員 デジタル本部長 室元隆志氏 
1988年サントリー入社。宣伝部、営業を経て2000年よりデジタルマーケティングに従事。デジタルマーケティングのプラットフォーム構築、コミュニケーション、BtoBやECを含めたマーケティング手法開発などを手がけながら、デジタル人材の育成にも長年注力。

──2021年1月に室元さんが本部長を務められているデジタル本部が新設され、2022年1月にデジタルマーケティングとIT、DX戦略の各機能がサントリーホールディングスに統合されました。このデジタル本部は、全社の中でどのような役割を担っているのでしょうか?

 基本的なミッションは、各事業会社の事業も含め、サントリー全体のデジタル化を推進していくことです。大きくはDX戦略部、IT戦略部、データ戦略部、デジタルマーケティング部という部署および全社のIT基盤の実装・運用を受け持つサントリーシステムテクノロジーという会社があります。

 現在の体制になるまでは、ITはIT部門、デジタルマーケティングはデジタルマーケティング部門と、それぞれ別の機能会社に分かれてしまっていました。ですが、これからは一気通貫に、よりスピーディに動かなければならないということで、デジタル本部にこれらの部隊が集結した形です。たとえば、これまではデジタルマーケティング部が「こういう機能・システムを作ってください」と依頼してIT部門が動いていたのですが、「こういうことが必要になるのでは?」とIT部門が先回りをして提案するなど、お互いに切磋琢磨してデジタル化を推進できる体制が整いつつあります。

この記事はプレミアム記事(有料)です。ご利用にはMarkeZineプレミアムのご契約が必要です。

有料記事が読み放題!MarkeZineプレミアム

詳細はこちら

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラスをご契約の方は
こちらから電子版(誌面)を閲覧できます。

次のページ
各事業の状況・課題に即したデジタル人材を育成

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
人を育てる。組織を育てる。連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2022/06/03 18:00 https://markezine.jp/article/detail/39039

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング