SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第79号(2022年7月号)
特集「TikTok×マーケティングの最前線」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

J-WAVEを聴くほど得するキャンペーン開始 radikoとJ-WAVEのデータ連携で実現

 ラジオ局J-WAVE(81.3FM)は、リスナーとのコミュニケーションを最適化するデータ・プラットフォーム「CUSTOMER COMMUNICATION PLATFORM」(以下、CCP)を活用し、新しいリスナーサービス「J-WAVE Listen Challenge」を7月よりスタートさせる。

 今回CCP上のデータとradikoの聴取データをかけ合わせることで、J-WAVEのインターネット無料会員サービスJ-me(ジェイミー)に登録したリスナーのradikoアプリでの聴取時間や聴取番組を把握することが可能となった。そこで、J-WAVEを長時間聴いていたロイヤル・リスナーに、様々なデジタルコンテンツやプレゼントを毎月自動的に提供していくキャンペーンを実施する。

 7月よりスタートする第1弾キャンペーンでは、1ヵ月間で累計100時間以上J-WAVEを聴取したユーザーを対象に、J-WAVEが実施するイベントへの応募や賞品と交換ができるJ-meポイント500ポイントと、7月限定のデジタルバッジをプレゼントする。

 また今回の第1弾に続き、今後1年を通じて「J-WAVE Listen Challenge」を展開していく。毎月変わるデジタルアイテムや記念NFTの発行を予定しているほか、自動抽選でJ-WAVEグッズなど様々なプレゼントが送付される予定だ。

 今後はCCPとradikoデータを連携させることで、番組連動やアーティスト、クライアントとの連携等といった企画を予定している。

【関連記事】
radiko、デジタルの日に特設サイトをオープン デジタルオーディオコンテンツとの接触機会創出へ
オトナル、radikoやテレビ局のインストリーム動画などを横断したOTT広告配信を開始
ADK MS、「radikoオーディオアド」に接触したユーザーの店舗来店を計測 来店誘導の効果を実証
記事広告や音声CMのターゲティング配信を実現予定 J-WAVEら4局が統合データベースの構築へ
製品への「理解」が広告非接触者の約20倍に ADK MSとJ-WAVEらが音声広告の効果検証を実施

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2022/06/28 15:30 https://markezine.jp/article/detail/39325

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング