SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第79号(2022年7月号)
特集「TikTok×マーケティングの最前線」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

電通グループ、ARクラウドプラットフォームを提供するプレティアに出資 XR領域のR&Dを加速

 電通グループは、同社のR&D組織「電通イノベーションイニシアティブ」を通じて、ARクラウドプラットフォーム「Pretia」を展開するプレティア・テクノロジーズ(以下、プレティア)に出資した。

 Pretiaでは、現実空間をマッピング(点群データ化)し、そのデータを基に自己位置推定を実行。これにより、開発者が意図したAR体験の表現を可能にする。また、複数人で同時に同じAR体験ができる機能も搭載。現実と同じようなAR体験の提供を実現する。

 電通グループでは、世界のAR/VR市場規模が2025年までに約800億ドルへ達すると見込んでプレティアに出資。今後は、自社の事業開発力やクリエイティビィティー、ネットワークとプレティアのARクラウドに関する知見および体験設計・アプリ開発・運営力を掛け合わせ、XR(クロスリアリティ)領域での3D広告、コマース、データマネジメントなど、R&D施策を推進していく。

【関連記事】
電通グループ、インドネシアでミレニアル・Z世代向けメディアを運営するIDN Mediaに出資
電通グループとJAXA、需給連携事業の共創を開始 人工衛星データの活用で広告を高度化
電通グループ、ディグ・イントゥ社を完全子会社化 国内事業のデジタルマーケティング業務拡大へ
電通グループとソニーとシビラ、活動実績をNFTでデジタル化し、クレデンシャル管理する実証実験を実施
電通グループ、メタバース構築プロダクト活用し「マジック:ザ・ギャザリング」のアート展を開催

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2022/08/05 16:00 https://markezine.jp/article/detail/39656

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング