SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第79号(2022年7月号)
特集「TikTok×マーケティングの最前線」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

商品の購入頻度が高いSNS 「インスタ」「Pinterest」などが上位に【ネオマーケティング調査】

 ネオマーケティングは、これまでにSNSで商品を購入したことがある男女計984人を対象に、SNSでの商品購入に関する調査を実施した。

利用率トップ3は「LINE」「YouTube」「Twitter」

 利用しているSNSを聞いたところ、1位は「LINE(83.4%)」。次いで「YouTube(82.6%)」が2位「Twitter(66.0%)」が3位だった。

【クリック/タップで拡大】

 年代別で見ると、Twitterは「10~20代」における利用率が8割を超えた。性別で見たところ「Facebook」の利用率は男性が女性よりも20.2ポイント高い結果に。

SNSでの商品の購入頻度「Instagram」がトップに

 SNSごとに商品の購入頻度を聴取。「よく購入する」「ときどき購入する」の合計の割合は「Instagram」が48.3%で1位に。なお、SNSごとに母数は異なるものの「Pinterest」上でも48.2%と5割近い人が商品を頻繁に購入していた。

商品購入のきっかけ 1位は「動画」

 SNSで商品を購入した際に、どのような内容が商品購入の決め手になったのかを質問。結果、1位は「商品の紹介動画(43.2%)」だった。

【クリック/タップで拡大】

 なお「ハッシュタグ検索で見つけた投稿」は10~20代、30~40代において20%以上の割合を占めているのに対し、50~60代では7%に留まるなど、年代ごとに検索方法に特徴があらわれた。

【調査概要】
方法:ウェブアンケート方式
対象:全国20~69歳までの男女で、これまでにSNSで商品を購入したことがある人
有効回答数:984
実施日:2022年7月5日(火)~2022年7月7日(木)

【関連記事】

【関連記事】
2022年上半期、Z世代のトレンドは「TikTok」「平成ギャル」/下半期流行も予想【Z総研調査】
企業のLINE公式アカウント、約6割が「1社以上」を友だち追加/コンシェルジュ調査
EC購買シェア率は健康食品・飲料で約7割、化粧品は4割以上に【博報堂/EC生活者調査】
ネット通販売上高ランキングTOP100内で、レビュー導入企業は76社【ZETA調査】
通信販売の利用経験者9割弱に/スマホ経由は4割超え【マイボイスコム調査】

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2022/08/05 16:15 https://markezine.jp/article/detail/39657

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング