SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第78号(2022年6月号)
特集「現場に再現性をもたらす マーケターが知っておきたい手法&フレームワーク」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

企業のLINE公式アカウント、約6割が「1社以上」を友だち追加/コンシェルジュ調査

 コンシェルジュは、LINEを利用している20〜60代の男女を対象に、企業のLINE公式アカウントの利用実態を調査した。

50代の6人に1人が1社以上の企業アカウントを友だち登録

 友だち追加している企業のLINE公式アカウントの数を聞いたところ、全体の61.9%が1社以上のアカウントを追加。世代別で見ると「1社以上追加している」と回答した人の割合は50代が最も高く63.5%だった。

アカウント追加の理由「クーポンがもらえる」が最多に

 企業のLINE公式アカウントを追加する理由として最も多かった回答が「クーポンがもらえる(70.4%)」。そのほか「サービス利用に必須なため(35.1%)」「コンテンツに興味がある(33.2%)」「その企業(ブランド)が好き(23.9%)」という回答が挙がった。

役立つアカウント「ヤマト運輸」「ユニクロ」「サントリー」

 生活に役立つ企業のLINE公式アカウントも調査。最多は「ヤマト運輸」で39人が回答した。2位が「ユニクロ(29人)」3位が「サントリー(28人)」という結果に。

「ブロックしたことがある」と回答した人は約6割に

 友だち追加した企業のLINE公式アカウントをブロックした経験の有無を調べたところ、59.4%の人が「ある」と回答した。

 ブロックした理由について聞くと「メッセージが頻繁に届く(62.7%)」が最も高く、次いで「不要な情報ばかり届く(61.8%)」「クーポンや割引目的で追加したが必要なくなった(27.8%)」が続いた。

【調査概要】
方法:インターネットを利用したアンケート調査
対象:LINEを利用していると回答した20代~60代の男女
期限:2022年6月2日(木)~2022年6月3日(金)
有効サンプル数:1,201 サンプル

【関連記事】
約8割が月1回以上ネットで購入/具体的な目的のない買い物は控える傾向に【NTTコム オンライン調査】
BtoBサイト評価1位はオムロン、医療用医薬品分野のサイトも躍進【BtoBサイト調査2022】
世界で愛されるブランド、1位はアシックスに ランキング圏外から大躍進【Talkwalker調査】
2022年5月のテレビCM放送回数、旅行予約やアルコール飲料がランクイン【ゼータ・ブリッジ調査】
プライバシー保護強化により、6割以上のデジタル広告関係者が予算配分を見直し【AppsFlyer調査】

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2022/06/23 14:00 https://markezine.jp/article/detail/39288

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング