SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第85号(2023年1月号)
特集「2023年、マーケターたちの挑戦 ──未来を拓く人・企業・キーワード」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

ダイバーシティから考える、新しいマーケティング・コミュニケーションの視点

マーケティングとは、人付き合い。 炎上事例から学ぶ、DE&Iへの向き合い方【後編】


 DXやAI、メタバースなら、他社に後れを取らずに着手し、走りながら考えるのが必要かもしれない。しかしDE&I(ダイバーシティ、エクイティ&インクルージョン)に関しては、「まず“知る”ことから始めてほしい」と話すのは、「ゆるスポーツ」の提唱者としても知られるコピーライターの澤田智洋氏。DE&Iについて、ダイバーシティを切り口にマーケティングを支援する白石愛美氏が澤田氏に聞く後編では、なぜCMなど広告が炎上してしまうのか、傾聴の姿勢の重要性を掘り下げる。

共感を呼ぶCMと炎上するCM、その違いは?

白石:先ほど(前編)、澤田さんが「ゆるスポーツ」などの企画を進められる際、まずは当事者の方のお話に全身全霊で耳を傾ける、とおっしゃったのがとても印象的でした。

 そもそもバイアスがかかった視点で見てしまうとか、実態や気持ちをわかった気になっていることに気づかないままだと、たとえば広告でも意図するメッセージが伝わらず、むしろ裏目に出てしまったりしますよね。

澤田:そうですね。しっかり傾聴し、勉強すれば、違ったアウトプットになったんじゃないかと思うこともあります。

白石:たとえ「応援したい」という気持ちでアプローチしていても、想定と違ってネガティブに受け止められてしまうのは、作り手側の多様な視点の不足がひとつの要因になっているのだろうと思います。

 たとえば、子育て中の母親にフォーカスしたCMで、ひとつは好意的に受け入れられ、もうひとつは炎上してしまった事例を挙げてみます。同じように見えて、世の中への響き方が大きく違いましたよね。

パンパース「キミにいちばん」

パンパース「キミにいちばん」
パンパース「キミにいちばん」
パンパース「キミにいちばん」
パンパースのウェブムービー「キミにいちばん」

ムーニー「moms don't cry」

 

白石:どちらも乳幼児がいる日常を描いていますが、パンパースが母親だけでなく父親や周囲の人、通りすがりの人まで出てくるのに対し、ムーニーのほうはずっと母親が世話をしているシーンなんですね。それこそ先ほどお話されていた、ある種のマジョリティ側の視点を軸に、子育てを表面的に描いているような……。当事者の気持ちに寄り添うというよりは、「子育てのあるべき姿」を押し付けられているようにも個人的には感じてしまいました。

マジョリティが持つ、歪んだマイノリティへのまなざし

澤田:おっしゃるように「マジョリティが、勝手に思い描くマイノリティ像に働きかける」というのは炎上の種になると思います。そして、それはCMやマーケティングに限らず、様々なところで起きています。

 パラリンピックのスローガン「共生社会の実現」もそうだし、SDGsの「誰一人取り残さない」も、どうにも上から目線に感じませんか。自分マジョリティ、あなたマイノリティ、さあ助けてあげましょう、という歪んだまなざしがある。それは、双方にとっていい結果を生みません。

 僕が企業の方から「DE&Iでマーケティングしたい」といった相談を受けるときは、そんな話を必ずしています。自分たちがマジョリティで影響力が強いこと、知らず知らず格差に加担してきたことを自覚して、その上で障がい者なり女性なり、当事者の立場や課題や気持ちをよく知ること。マーケターってリサーチャーでもありますから、まずはリサーチから始めるといいと思います。

白石:先ほどの「知る責任」をしっかり果たすということですよね。そこがしっかりしていれば、最終的なアウトプットの幅も広がるように思います。私は「ユーモア」の扱い方って実はすごく大切だと思っています。

 たとえばゆるスポーツも、最終的なアウトプットにクスッと笑えるような要素が入っているからこそ、「参加してみたい」「もっと知りたい」と思えるところに繋がっているように思います。ユーモアがあることで、扱いの難しいテーマでも、「知る責任」を促せる仕掛けもできるような気がしているのですが、どうでしょうか?

澤田:そうですね。土台さえあれば、ユーモアの役割は大きいです。ある場所にユーモアが投じられると、その状況を客観視できますよね。それまで舞台にいたのが、一瞬、舞台の観客席に回って状況を俯瞰でき、それまで頭を抱えていたことも急に滑稽に見えたりする。DE&Iに向き合うとき、見通しをよくするために有効だと思います。

 ただし諸刃の剣で、DE&Iの文脈をしっかり理解していないままライトな方向へ振ると、炎上の可能性が高くなると思います。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

次のページ
マーケティングとは、人付き合い

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
ダイバーシティから考える、新しいマーケティング・コミュニケーションの視点連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

高島 知子(タカシマ トモコ)

 フリー編集者・ライター。主にビジネス系で活動(仕事をWEBにまとめています、詳細はこちらから)。関心領域は企業のコミュニケーション活動、個人の働き方など。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

白石 愛美(シライシ エミ)

コーポレートコミュニケーション コンサルタント 株式会社Amplify Asia 代表取締役WPPグループにて、リサーチャーとして主にマーケティングおよびPR関連プロジェクトに従事。 その後、人事コンサルティング会社、電通アイソバーの広報を経て、ダイバーシティを起点に企業のマーケティングをサポートする株式会社Amplify Asiaを立ち上げる。株式会社Amplify Asia https://www.amplify-asia.com/

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2022/10/20 12:04 https://markezine.jp/article/detail/40015

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング