SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第85号(2023年1月号)
特集「2023年、マーケターたちの挑戦 ──未来を拓く人・企業・キーワード」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

業界キーパーソンと探る注目キーワード大研究(PR)

マーケティングDXにおいて、最適化すべき3つのポイント【SCデジタルメディア×セールスフォース対談】

 今や多くの企業がマーケティングDXに取り組んでいるが、その推進には様々な課題が生じる。今回は、デジタルマーケティングの戦略立案からツールの選定・導入、運用実行までを一気通貫で伴走支援するSCデジタルメディアと、マーケティングに欠かせない様々なツールを提供するセールスフォース・ジャパンの2社が対談。悩めるマーケターに向けて、課題解消とマーケティングDXの実現に役立つヒントを共有する。

企業のマーケティング活動を支援する、SCデジタルメディアとセールスフォース

MarkeZine編集部(以下、MZ):最初に、お二人の自己紹介からお願いします。

村角:SCデジタルメディアのデータマーケティングビジネスユニットの統括を担当しております。当社は、企業のブランディングサポートをワンストップで展開する「ブランドコミュニケーション」、データを利活用してお客様の売り上げを伸ばす「データマーケティング」、メディアコマースなどの新たな開発や支援を推進する「デジタルメディア」の3つの領域で事業を展開しています。

 我々データマーケティングビジネスユニットは、データを活用しながらマーケティング施策の上流のコンサルティングからシステム導入、運用支援までを一気通貫で提供しています。

SCデジタルメディア データマーケティングビジネスユニット統括 村角忠政氏
SCデジタルメディア データマーケティングビジネスユニット統括 村角忠政氏

二見:私は、セールスフォース・ジャパンでデジタルマーケティング・ビジネスユニットの責任者を務めています。BtoC向けのマーケティングプラットフォームである「Salesforce Marketing Cloud」やEコマースプラットフォーム「Salesforce Commerce Cloud」から、BtoB向けのMA「Account Engagement(旧・Pardot)」まで、企業のデジタルマーケティング活動を支援するすべての製品の事業主幹をしています。

セールスフォース・ジャパン デジタルマーケティング・ビジネスユニット事業本部長 二見仁基氏
セールスフォース・ジャパン デジタルマーケティング・ビジネスユニット事業本部長 二見仁基氏

データは持っているが活用できていない。企業が抱えるデジタルマーケティングの課題

MZ:企業のマーケティングを支援されているお二人から見て、近年のデジタルマーケティングにはどのような課題があると思われますか?

二見:最大の課題は「データ」にあると思います。さらに、外部要因と内部要因の両方がありますね。

 まず外部要因としては、主にサードパーティCookieを使えないことにあります。ファーストパーティデータをどうやって集めマネタイズしていくかを考えるのに苦労しているマーケターの方が多いです。

 そして内部要因としては、3つ挙げられます。まず1つ目は、データを持っていてもバラバラであること。同じ社内でも部署ごとに持っているデータが異なるケースです。2つ目は、持っているデータをマネタイズするとなると、時間・お金・人材が必要になること。そして、3つ目は人材に関して、コンテンツやマーケティング施策を考えたり実際のシステムを運用したりするには、知見のある人材を採用する必要があるということです。

村角:確かにデータは持っていても、活用できていない企業は多いですね。最近ではタッチポイントの多様化により、一層複雑になっていると感じます。多くの人がスマホを持ち、SNS利用の拡大など、人々の行動習慣の変化が加速しているためです。実店舗とECの両方を展開しているほか電話やメール、チャットなど複数のコミュニケーションツールを使っている企業も多いでしょう。

 しかもデータは莫大にあり、リアルタイムで更新され続けていくもの。その増え続けるデータを施策に活かしていくことは、そう簡単なことではないでしょう。

次のページ
データを効果的に活用するうえで欠かせない「20対80の法則」とは?

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
業界キーパーソンと探る注目キーワード大研究連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

和泉 ゆかり(イズミ ユカリ)

 IT企業にてWebマーケティング・人事業務に従事した後、独立。現在はビジネスパーソン向けの媒体で、ライティング・編集を手がける。得意領域は、テクノロジーや広告、働き方など。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2022/12/20 10:30 https://markezine.jp/article/detail/40624

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング