SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

新着記事一覧を見る

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第102号(2024年6月号)
特集「ブランドは気まぐれな消費者とどう向き合うべきか?」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

Twitterプロモーションの最新動向を追う(AD)

SOVが72.3%に急上昇!レイクのTwitter広告を活用した認知獲得事例

OOHと連動したキャンペーンも展開

MZ:ありがとうございます。その後、8月と9月にもTwitterを活用したキャンペーンを行ったと聞いています。その施策についても教えてください。

河本:8月にはTwitter夏祭りを活用したプレゼントキャンペーンを、9月にはOOHと連動したキャンペーンをそれぞれ行いました。

 8月のキャンペーンではTwitter夏祭りに合わせ、千鳥の大悟さんからの残暑見舞いと称し、フォロー&RTしてくださった方全員へ夏を連想させる壁紙をプレゼントしました。また、その中から抽選で100名様にギフト券が当たるようにし、多くのエンゲージメントを獲得しました。

Twitter夏祭りのツイート

 9月のキャンペーンでは、渋谷や新宿など都内主要駅に設置した千鳥さんのOOHと連動したクリエイティブと連動した施策を展開しました。こちらの施策では、たくさんある大悟さんの顔の中から変顔を見つけてツイートしてくださった方には、当選確率2倍になる仕組みを入れました。

ブランド純粋想起が163%向上、サイト訪問数も増加

MZ:これらの施策の結果についてうかがえますか。

河本:まず6月のキャンペーンでは、新クリエイティブローンチ当日、Twitter上で千鳥さんの新クリエイティブが600万回以上再生されました。またレイクやテレビCMに関連する内容で7万5,000ものツイートが行われ、同業他社とのSOVは72.3%まで拡大しました。

 キャンペーンを起点とした発話が生まれ、Twitter利用者のレイクに対するブランド想起が高まり、今回Twitterを活用した狙い通り施策が成功しました。

 この成功を活かし実施した8月のキャンペーンでは、参加数もさることながら、Twitterさんが主催するイベントのTwitter夏祭りに協賛したことで、通常リーチできないTwitter利用者とのつながりが生まれました。複数回応募できる設計だった点もあり、インクリメンタルリーチも獲得できています。

 9月のキャンペーンでは、ユーザーさんから「おもしろい」というコメントをいただき、広告を設置した範囲外のユーザーさんにもご参加していただけました。

 これらのキャンペーンの結果、6月30日以降、広告純粋想起は165%、ブランド純粋想起は163%上昇し、サイト訪問者数も徐々に増加しています。また検索数の向上も確認できました。

次のページ
Twitterに適しているのは単純明快なキャンペーン

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • X
  • Pocket
  • note
関連リンク
Twitterプロモーションの最新動向を追う連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

タカハシ コウキ(タカハシ コウキ)

1997年生まれ。2020年に駒沢大学経済学部を卒業。在学中よりインターンなどで記事制作を経験。卒業後、フリーライターとして、インタビューやレポート記事を執筆している。またカメラマンとしても活動中。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

【AD】本記事の内容は記事掲載開始時点のものです 企画・制作 株式会社翔泳社

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2023/01/05 10:39 https://markezine.jp/article/detail/40724

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング