SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第85号(2023年1月号)
特集「2023年、マーケターたちの挑戦 ──未来を拓く人・企業・キーワード」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

2022年SNS流行語大賞は「ちいかわ」のあのフレーズ 277万超の話題量【イー・ガーディアン調査】

 イー・ガーディアンは、2022年Twitter上で頻繁に使用されたワードを調査し「SNS流行語大賞 2022」を発表した。なお調査期間は、2022年1月1日から11月7日までとなる。

「〇〇ってコト!?」が累計277万回以上の話題量で大賞に

 全体のランキングでは、Twitterで連載されている漫画「ちいかわ」のフレーズとして流行した「〇〇ってコト!?」が大賞となった。2位には「#silent」、3位に「#ちむどんどん」とテレビドラマ関連のハッシュタグが続いた。

 特に1位の「〇〇ってコト!?」は、1日あたりのリツイート込みの話題量が2021年5月時点で約600件に対し2022年11月は約10,000件に増加した。2022年1月からの累計で見ると、277万回以上の話題量となった。

「○○ってコト!?」の話題量における週次推移
「○○ってコト!?」の話題量における週次推移

「SPY×FAMILY」「鎌倉殿の13人」などが部門別トップに

 また同社は、カテゴリー別の話題量ランキングも発表。まずゲーム部門では、2022年9月に発売された「スプラトゥーン3」が2位以降と大きな差をつけ1位となった。

 次に漫画・アニメ部門では「SPY×FAMILY」が1位だった。2位には僅差で「チェンソーマン」がランクインした。

 続いてテレビ・映画部門は、大河ドラマ「鎌倉殿の13人」が1位という結果だった。2位には「ONE PIECE FILM RED」、3位には「シンウルトラマン」と映画作品が続く結果となった。

 食べ物・モノ部門には「ヤクルト1000」がトップでランクインした。また2021年の同部門で5位だったカヌレが、2位に躍進を遂げた。

【関連記事】
イー・ガーディアン、「SNS流行語大賞2022」ノミネートワード発表!漫画やテレビドラマ等30ワード
「SNS流行語大賞2021」の結果を発表 第1位は「〇〇ッツォ」【イー・ガーディアン調査】
イー・ガーディアン、著名人の投稿をリサーチする「ねがれぽ」を開始 キャスティングの炎上リスクを軽減
イー・ガーディアン、ソーシャルリスニングの分析メニューに「公式アカウントのフォロワー分析」を追加
CCIとイー・ガーディアンの合弁会社、ソーシャルリスニングをサポートする新サービスを提供

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2022/12/02 17:00 https://markezine.jp/article/detail/40725

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング