SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第97号(2024年1月号)
特集「2024年の消費者インサイト」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

業界キーパーソンと探る注目キーワード大研究(AD)

獲得キーワードが5倍!マンガアプリ「comico」に聞く、攻めと守りのアプリマーケティング

 星の数ほどあるモバイルアプリ。アプリストアの中でいかに獲得単価をおさえてダウンロードして使ってもらうかは各社の課題だ。マンガアプリ「comico」を展開するNHN comicoは、アドウェイズの提案により、App StoreのApple Search Adsについて運用へと舵を切った。その中で、全自動マーケティングプラットフォームUNICORNを採用。開始3ヵ月で潜在キーワードを5倍にすることに成功し、成果にもつながっているという。本記事では、NHN comicoの浜野美穂子氏、アドウェイズの日髙智也氏、UNICORNの横山裕治氏の3名に、comicoのアプリマーケティング戦略とApple Search Ads活用のメリットについて話を伺った。

モバイルに特化したマンガアプリ「comico」

──現職の担当業務を教えてください。

浜野:マンガアプリ「comico」を開発・運営するNHN comicoで、アプリ内の広告を販売する広告マネタイズとアプリのプロモーションを担当している浜野と申します。

日髙:アドウェイズの日髙と申します。マンガ関連の企業様を中心に、広告主様のフロント営業としてプロモーションの支援をしています。

横山:UNICORN社の横山です。弊社は全自動マーケティングプラットフォーム「UNICORN」を提供しており、Apple Search Adsの配信における最適化も行っています。その中で、私はApple Search Adsの領域でNHN comico様をはじめとしたキャンペーンの運用や、プロダクト開発に携わっています。

──comicoのサービスや特徴を教えてください。

浜野:comicoはスマートフォンに特化したマンガアプリです。縦スクロール、フルカラーの作品がメインです。タイトルは常時600本ほどあり、それ以外に出版社のマンガも読むことができます。iOSとAndroid、Webに対応しており、世界累計ダウンロード数は4,200万を超えています。

 男女比は8対2で女性が多いのが特徴です。カテゴリーとしては、最近人気な「異世界ファンタジー」系のマンガが充実しており、このカテゴリーが好きな方に愛読いただいています。

速報値に合わせてクイックな広告プロモーション行うcomico

──comicoのデジタルマーケティング戦略について教えてください。

浜野:現在comicoのWebプロモーションは、本社のある韓国NHNと日本ではアドウェイズ様にお任せしており、我々はサービスに紐づいたBIツールで継続率や課金率をモニタリングしています。

 広告予算は、作品ごとに期待値をつけて各月ごとに組んでいます。期待値はcomicoの編集担当がつけていて、速報値ベースでクイックに調整してプロモーションに活かしています。

──アドウェイズ様、UNICORN様を検討した理由はどこにあったのでしょうか。

浜野:獲得単価の上昇という課題が大きなきっかけです。comicoは10年目を迎えていますが、2013年のサービス開始当初は無料のマンガアプリというだけで安く・多く獲得できました。ですが、ここ数年は獲得単価が右肩上がりで増えています。新しい媒体や取り組みなしには改善が難しいと感じておりました。

浜野
NHN comico株式会社 事業管理本部
プロモーションチーム マネージャー 浜野美穂子氏

浜野:2021年12月ごろに、アドウェイズ様に声をかけさせていただきました。

 それまで我々は、グループ内のエージェンシーのみでプロモーションを進めてきました。しかしコンテンツの特性上、バナーの制作に工数がかかり制作本数にも限度がありました。また昨今の獲得単価の上昇も課題として浮上し、マンガコンテンツに強い日本の代理店と組むことを考えていました。

 媒体としてUNICORNを試したいという声が社内にあったので、アドウェイズ様に声をかけました。実際にご相談したところ、提案の質も量も素晴らしくアドウェイズ様にお任せすることがすぐに決まりました。

次のページ
新しい獲得手法を模索するため、Apple Search Adsにトライ

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
業界キーパーソンと探る注目キーワード大研究連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

末岡 洋子(スエオカ ヨウコ)

フリーライター

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

【AD】本記事の内容は記事掲載開始時点のものです 企画・制作 株式会社翔泳社

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2023/02/06 11:00 https://markezine.jp/article/detail/40765

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング