SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第101号(2024年5月号)
特集「進化するテレビマーケティング、現在の選択肢」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

クロス・マーケティングとREVISIOが「コネクテッドTV白書2023」を発表 視聴実態を調査

 クロス・マーケティングとREVISIOは、コネクテッドテレビ(以下、CTV)の視聴傾向に関する研究結果をまとめた「コネクテッドTV白書2023」を発表した。

 本研究では、REVISIOが保有するCTV視聴データ(調査パネル798名分)と、クロス・マーケティングが実施したアンケートの結果を活用している。

利用時間トップ3は「日テレ」「テレ朝」「YouTube」に

 CTVの利用者を対象に、テレビを使った地上波テレビと動画サービスの1日における平均利用時間を調べた。その結果、最も利用時間が長かったのは「日本テレビ(63.6分/日)」に。次に「テレビ朝日(47.3分/日)」「YouTube(44.8分/日)」が続いた。

【クリック/タップで拡大】

「Disney+」「Netflix」が高い注視を獲得

 REVISIOが保有する実測データに基づき、2人以上でテレビを注視していた時間を調査。その結果、最も高い割合を示したのは「TVer」に。また、地上波や動画サービスの中で最も注視されているものを調べた。その結果「Disney+」「Netflix」が高い注視を獲得。動画サービス全体が地上波よりも注視されている傾向にあった。

【クロス・マーケティングが実施したアンケート調査の概要】
スクリーニング調査:全国18歳(高校生を除く)~69歳の男女3万5,000人
本調査:全国18〜69歳の男⼥で、家庭のテレビで動画サービスを視聴している2,000人

【関連記事】
マイクロアド、CTVの視聴データを活用してインターネットメディア上で広告配信を行うサービスを開始 
ABEMA、CTV広告でIAS計測に対応 アドフラウド率や視聴完了率が計測可能に
電通ら3社、コネクテッドTVの動画広告におけるターゲティング配信・分析サービスを開始
利用率トップは「アマプラ」/「ディズニープラス」の認知も拡大【有料動画配信サービスの利用実態調査】
利用中の動画配信サービス、トップは「Amazonプライム・ビデオ」【ネットプロテクションズ調査】

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

デジタルを中心とした広告/マーケティングの最新動向を発信する専門メディアの編集部です。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2023/01/27 18:30 https://markezine.jp/article/detail/41139

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング