SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

新着記事一覧を見る

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第102号(2024年6月号)
特集「ブランドは気まぐれな消費者とどう向き合うべきか?」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

SDGsの認知率は83% 男性40~50代の関心度が低い結果に【クロス・マーケティング調査】

 クロス・マーケティングは、2023年6月、全国18~69歳の男女2,500名を対象に「SDGsに関する調査(2023年)」を実施。認知、意識・消費行動について分析を行った。

SDGsの認知率は80%超 女性の18~29歳と60代で認知率が増加

 SDGsの認知率(名称も内容も知っている+名称は聞いたことがある)は83%となり、2022年とほぼ同様の結果となった。2022年より認知率がやや高まったのは、女性18~29歳と女性60代だった。

SDGs認知状況
SDGs認知状況

17の目標に対する興味 4、50代は興味・関心がない人が多い

 SDGsの17の目標のうち興味・関心があるものについて、コレスポンデンス分析を用いて解析を行った。女性18~29歳および30代は「5.ジェンダー平等を実現しよう」、女性40代、50代、60代は「11.住み続けられるまちづくりを」、「14.海の豊かさを守ろう」、「15.陸の豊かさも守ろう」の回答が多かった。

 一方、男性60代は「16.平和と公正をすべての人に」、男性30代は「4.質の高い教育をみんなに」、男性18~29歳は「8.働きがいも経済成長も」に興味・関心を持っている傾向がみられた。男性40代、50代は、17項目いずれも遠い位置にあり、興味・関心のなさが目立つ結果となった。

興味・関心がある「SDGs17の目標」のコレスポンデンス分析
興味・関心がある「SDGs17の目標」のコレスポンデンス分析

【調査概要】

手法:インターネットリサーチ
地域:全国47都道府県
対象:18~69歳の男女、人口構成比に応じて割付
期間:2023年6月2日(金)~4日(日)
有効回答数:本調査2,500サンプル
実施会社:クロス・マーケティング

【関連記事】
SDGsの認知率は9割以上、「内容まで含めて知っている」との回答は第1回調査の11倍超に【電通調査】
「SDGs」の語を含む記事/公開本数は1ヵ月間で約7,500本、前月比3割増に【トドオナダ調査】
博報堂、ヤフーらと「Social Booster」を開始 SDGs視点で商品・サービス開発を支援
ChatGPTの認知度は4割以下/使用経験者の9割以上が「便利」と回答【チャットプラス調査】
メタバースの認知率は83%/実際の利用者は5%で、うち6割がスマホでアクセス【三菱総合研究所調査】

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • X
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

デジタルを中心とした広告/マーケティングの最新動向を発信する専門メディアの編集部です。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2023/06/26 08:30 https://markezine.jp/article/detail/42570

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング