SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第102号(2024年6月号)
特集「ブランドは気まぐれな消費者とどう向き合うべきか?」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

業界キーパーソンと探る注目キーワード大研究(AD)

6時間で7000万円超えの売上!リアリティー×エンタメを組み合わせた新たなインフルエンサーマーケの形

 美容系インフルエンサーの2人目のエガチャン(以下、エガチャン)による、台本なしで企業に突撃するPR動画が再生数・売り上げともに大きな成果を上げている。従来のインフルエンサーマーケティングとは何が違うのだろうか。本記事では、マーケティング支援を行うWackerの鹿田氏、VT Cosmetics(以下、VT)のチョ氏、エガチャンに話を伺った。

企業、インフルエンサー、視聴者。三方良しのPR動画に挑む

──皆様の担っている業務やミッションについてお聞かせください。

チョ:VTは、CICA(ツボクサ由来の肌荒れを抑制する成分)をメインにした商品を販売し、様々な美容媒体でベストコスメを受賞している韓国スキンケアブランドです。ユーザー様は、肌に悩みを持つ10代から50代以上の方まで、男女問わず幅広い層の方にご愛用頂いています。

鹿田:Wackerは広告代理店ではなく、化粧品企業様を中心に事業開発の役割を含めてご支援を行っている企業です。そのため、年間でご予算をいただき、マーケティングの戦略・戦術の構築・実践、組織づくりまで一気通貫で手がけているところが特徴です。

エガチャン:2020年4月から本格的に美容情報の発信を始めました。小6の頃から肌荒れやニキビで悩んでスキンケアをしていたので、同じような悩みを持つ方の参考になればと思ったのが始まりです。僕は、正直ベースでレビューすることをテーマに配信し、現在はTikTok約74万人、YouTube約67万人、Instagram約12万人と、総SNSフォロワー150万人となっています。

──VTと一緒にキャンペーンを始めた経緯についてお聞かせください。

鹿田:Wacker×エガチャンとのPR動画では、企業に突撃する「エガ凸」や割引価格で限定販売する「エガ割」といった企画を展開しています。一般的に案件では企業から依頼されることが多いと思いますが、僕らの場合はエガチャンが一緒にやりたいと思う企業にこちらからお声がけしています。

エガチャン:PR動画は、企業とインフルエンサー側にしかメリットがないと思うことが多いですよね。でも僕は、視聴者が見ておもしろいとか、お得に買えるとか、そういうメリットを提供し、全員Win-Win-Winになることを意識し動画を作っています。

インフルエンサー主導での協業

──エガチャンは、これまでVTの商品を「リピなし」と紹介していましたが、今回なぜお声がけしたのでしょうか。

エガチャン:僕はブランドではなく、商品単位でいろいろな化粧品を試してジャッジしています。そんな中最近、VTのアイテムの中に、いいなと思うものがいくつかありまして。加えて「リピなし」と何回も言った、因縁のブランドの商品が、リピありになる瞬間の反響は大きいだろうと考えました。

2人目のエガチャン氏
2人目のエガチャン氏

チョ:エガチャンは、VTのCICAデイリースージングマスクを「リピなし」と動画で話されていたのですが、スーパーヒアルロンやCICAエマルジョンに関しては褒めてくださり、弊社ではすでに有名でした。

 実はWacker×エガチャンが、これまで他の化粧品ブランドと成功した事例を見ていまして、VTでもぜひご一緒したいという要望は以前からありました。なので、Wackerから連絡をいただけたのは大変うれしかったです。実施は即決しました。

次のページ
リアリティー×エンタメで視聴者がワクワクするPR動画に

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • X
  • Pocket
  • note
関連リンク
業界キーパーソンと探る注目キーワード大研究連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

平田 順子(ヒラタ ジュンコ)

フリーランスのライター・編集者。大学生時代より雑誌連載をスタートし、音楽誌やカルチャー誌などで執筆。2000年に書籍『ナゴムの話』(太田出版刊)を上梓。音楽誌『FLOOR net』編集部勤務ののちWeb制作を学び、2005年よりWebデザイン・マーケティング誌『Web Designing』の編集を行...

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

提供:株式会社Wacker

【AD】本記事の内容は記事掲載開始時点のものです 企画・制作 株式会社翔泳社

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2023/07/28 10:00 https://markezine.jp/article/detail/42694

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング