SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第99号(2024年3月号)
特集「人と組織を強くするマーケターのリスキリング」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZine Day 2023 Autumn

クラシエファンと交流し、企業の基礎代謝を上げる!超少数コミュニティ活動「共想いカンパニー」の過程

 2007年にカネボウから社名変更し、新たに誕生したクラシエホールディングス(以下、クラシエ)。認知度は着実に上がってはきているものの、ある課題を感じていたという。そこで始まったのが、超少数精鋭型のファンコミュニティ活動「共想い(ともおもい)カンパニー」だ。クラシエが抱えていた課題とは何だったのか?共想いカンパニーを通じて、どんな成果が得られたのか。本稿では、MarkeZine Day 2023 Autumnで話された内容をレポートする。※なお、クラシエホールディングスは2023年10月1日付で「クラシエ株式会社」に商号変更している。

クラシエが直面していた課題とは?

 本セッションに登壇したのは、クラシエホールディングス(以下、クラシエ)で実際に「共想い(ともおもい)カンパニー」の運営に携わる津田氏と北原氏だ。

クラシエホールディングス 経営企画室企画部 兼 CRAZY創造部 部長 津田聖一郎氏

 まず、津田氏はクラシエについて解説する。同社は2007年に設立され、前身はカネボウ。現在「トイレタリー・コスメティクス事業」と「薬品事業」「フーズ事業」の3事業を展開し、15超のブランドを持つ。代表的なブランドとしては「ナイーブ」や「いち髪」「甘栗むいちゃいました」「漢方薬の葛根湯」などがある。

 では、クラシエが抱えていた課題とは何だったのか。津田氏によると、社名変更直後の認知率は28%だったが、10年後には91%にまで上昇(クラシエ調査より)。しかし、その多くはブランド経由のもの。つまり、法人としての「クラシエ」を消費者がどこまで認知しているか、有り体に言えば“クラシエファンの顔が見えない”状態が続いていたのだという。

「お客様がクラシエに対してどんな期待を持っているのか、また当社がその期待にどの程度応えられているのかが、明確につかめていなかったのです」(津田氏)

社外の人たちとの“共創”を目指す

 そこで、クラシエファンの顔、その解像度を上げる施策として始まったのが「価値共創プラットフォーム」だ。そのコンセプトは下図に象徴されている。

 この「くらしえ港」が目指すのは「社内外の様々な人が入り混ざり、交わりながら、新しいものを生み出していく」こと。その上で、実現のために必要な三つの機能もこの図には描かれている。

 一つ目の機能は、ファンコミュニティ活動「共想いカンパニー」だ。これは、クラシエファンの可視化と、彼らと社員が交わる場としての役割を持つ。二つ目の機能「くらしの夢中観測所」では、ファンだけでなく生活者全体が夢中になっているモノ・コトを解き明かす、いわばシンクタンクだ。そして、三つ目の機能「KuracieX」。ここでは、社外のビジネスパートナーと連携し、新規事業の開発など新たな可能性にチャレンジする場だという。

「我々が目指すのは、この『くらしえ港』のように、ファンや社外のパートナーとの共創を通じてクラシエの新たな未来を形作っていくことです。その第一歩である『共想いカンパニー』は、クラシエの理念に共感してくださっている熱心なファンの方々と、クラシエ社員が一体となって取り組むコミュニティ活動です」(津田氏)

次のページ
調査とミートアップの両輪で進める「共想いカンパニー」

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZine Day 2023 Autumn連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

タカハシ コウキ(タカハシ コウキ)

1997年生まれ。2020年に駒沢大学経済学部を卒業。在学中よりインターンなどで記事制作を経験。卒業後、フリーライターとして、インタビューやレポート記事を執筆している。またカメラマンとしても活動中。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2023/10/23 09:00 https://markezine.jp/article/detail/43534

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング