SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第98号(2024年2月号)
特集『お客様の「ご愛顧」を得るには?』

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

オーディオブック、認知率は約6割/1年後は現在の3倍以上浸透する予想に【LINEリサーチ調査】

 LINEリサーチは、本を朗読する音声コンテンツ「オーディオブック」の現状と今後の流行予想について調査。以下、一部内容を紹介する。

オーディオブックの認知率は約6割

 まず、オーディオブックの認知率を調査。すると全体で59%が認知しており、そのうち「知っているし、利用している」という現在利用率は2%だった。「知っているし、以前利用していたが、今は利用していない」を含めた利用経験率は全体で6%となった。

 男女別で比較すると、ともに59%で同率に。年代別では10~20代が30~50代よりも高い認知率となり、10~20代男性(67%)が最も高かった。

クリックして拡大

現在の流行体感、17人に1人が利用

 次に、オーディオブックを利用している人が現在身の回りにどれくらいいると思うかを質問。100人中の利用者数を流行体感スコアとして算出した。その結果、流行体感スコアは全体で「5.9」となり、およそ17人に1人が利用しているイメージを持たれていた。

クリックして拡大

1年後の流行予想は、3倍以上浸透!

 続いて、1年後、自分のまわりでどのくらいの人が利用していると思うかを尋ねた。1年後における100人中の利用者数を流行予想スコアとして算出すると、全体で「20.7」となり、およそ5人に1人が利用していそうというイメージを持たれた。流行体感スコアと比較すると、1年後には3倍以上浸透していると予想されていることがわかった。

クリックして拡大

今後の利用意向がある人は約3割

 最後に、今後の利用意向を調べた。その結果、利用意向がある人の割合(「ぜひ利用してみたいと思う」「機会があれば利用してみたいと思う」の合計)は全体で29%だった。一方、利用意向がない人の割合(「あまり利用してみたいと思わない」「まったく利用してみたいと思わない」の合計)は47%という結果だった。

 性別を比べると、利用意向がある人は女性が男性よりもやや高めの割合に。年代別では、男女ともに10~20代が30~50代よりも利用意向がある人の割合は高かった。

クリックして拡大

【調査概要】
調査対象:日本全国における18~59歳男女のLINEユーザー
実施時期:2023年9月21日(木)~9月25日(月)
有効回収数:2,110サンプル
調査方法:スマートフォンWeb調査

【関連記事】
Z世代のトレンドランキング、「ちょんまげ小僧」が急上昇で1位【LINEリサーチ】
好きなドラッグストア、全国1位は「ウエルシア」 立地の良さが評価の基準に【LINEリサーチ調査】
高校生の5割が位置情報共有アプリを利用/Google マップやwhooが人気【LINEリサーチ調査】
好きなコンビニ、全エリアでセブンイレブンが1位に/若年世代にはファミマが人気【LINEリサーチ調査】
ネットスーパー、女性層の認知率は93%/10~20代女性の6割が利用意向あり【LINEリサーチ調査】

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

デジタルを中心とした広告/マーケティングの最新動向を発信する専門メディアの編集部です。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2023/11/10 16:45 https://markezine.jp/article/detail/43963

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング