SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第97号(2024年1月号)
特集「2024年の消費者インサイト」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

スマートシェアと取り組む、OWNLYを活用した企業SNS施策(AD)

SNSを活用し、「認知→購入の壁」を突破!キリンに聞く、売上につなげるSNSキャンペーン

 昨今、生活者にとってもはやインフラ化しているSNS。しかし「SNSを活用した施策は売上に直結しない」と考える人も少なくない。こうした中、企業はSNSとどのように向き合い、活用していけばいいのだろうか。本稿では、キリングループのデジタルICT戦略の実行を担うキリンビジネスシステムの取り組みに注目。同グループが展開する全ブランドのSNS施策を見ている森永氏と、同社のSNSマーケティング支援を行うスマートシェアの吉岡氏に、SNSの活用方法やその可能性をうかがった。

キリングループのデジタルICT戦略の実行を担う、キリンビジネスシステム

MarkeZine編集部(以下、MZ):今回はキリングループ様のSNS施策についてうかがいます。まず自己紹介からお願いできますか。

森永:2014年キリンビールに新卒入社後、システム部門へ出向しグループ内のシステム開発や運用保守などを経験しました。デジタルICT戦略部の前身となる部署に異動した後は、グループ内でデジタル販促施策を行うための基盤の整備や、その利活用促進などに携わってきました。

キリンビジネスシステム株式会社 経営企画部 デジタルソリューショングループ森永大裕氏
キリンビジネスシステム株式会社 経営企画部 デジタルソリューショングループ 森永大裕氏

森永:現在はキリングループのデジタルICT戦略の実行を担うキリンビジネスシステムに所属。経営企画部デジタルソリューショングループにおいて、お客様に価値提供するための基盤システムを整備するほか、グループのECシステムの開発・運用をしています。私の所属するグループでは大きく分けると「オウンドメディア運営」「ECサイトの開発運営」、そして今回のテーマである「デジタル販促基盤整備」という3つの領域に関わっています。

 SNS施策に関しては、「一番搾り」や「氷結」「生茶」をはじめとする、キリングループの全ブランドが展開するSNSキャンペーンを横断して見る役割を担っています。

吉岡:私はレコメンドエンジンやDMPベンダーなどのアカウントセールス、EC向け画像検索ソリューションの立ち上げや、AI SaaSベンダーのBtoBマーケティングを経験後、2022年5月にスマートシェアにジョインしました。

 現在は、キリングループ様にも活用いただいている、SNSキャンペーンとUGC活用を一元管理できるマーケティングツール「OWNLY(オウンリー)」の事業全般を見ています。

「認知→購入」につなげるべく、飲用機会をSNS施策で創出

MZ:キリングループ様のマーケティング戦略、特にSNS施策についてお聞かせください。

森永:各ブランドが掲げている販売目標を達成するためには、お客様に商品を恒常的に購入していただくことが必要です。そのために必要な「認知」や「情報の拡散」ができる点でSNSは有用なツールだと考えています。SNSを活用することで、より多くの方に商品の存在を知っていただけるほか、購入された方による感想投稿が増えれば「私も買ってみたい」と他の方が購入するきっかけにもなりうるでしょう。

 新商品の場合、商品の認知が実際の購入につながるかというと、必ずしもそうではありません。商品を知り、実際に手に取っていただく飲用機会を作り出すことがカギとなります。これらを実現するためにもSNSを活用しているのです。SNS施策によって飲用機会を創出し、体験していただくことで、その後の購入に行動を移しやすくなるよう施策を打っています。

次のページ
お客様とのタッチポイントに合わせ、異なるSNS施策を実施

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
スマートシェアと取り組む、OWNLYを活用した企業SNS施策連載記事一覧
この記事の著者

和泉 ゆかり(イズミ ユカリ)

 IT企業にてWebマーケティング・人事業務に従事した後、独立。現在はビジネスパーソン向けの媒体で、ライティング・編集を手がける。得意領域は、テクノロジーや広告、働き方など。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

提供:スマートシェア株式会社

【AD】本記事の内容は記事掲載開始時点のものです 企画・制作 株式会社翔泳社

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2023/12/06 10:00 https://markezine.jp/article/detail/44101

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング