SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第101号(2024年5月号)
特集「進化するテレビマーケティング、現在の選択肢」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

スマートシェアと取り組む、OWNLYを活用した企業SNS施策(AD)

InstagramのSEO対策が重要!サントリーに聞く、ハッシュタグ検索で上位シェアを取る最新戦略

 生活者にとってインフラ化しているSNS。企業はSNSをどのように活用し、生活者とコミュニケーションを図れば良いのだろうか。本記事では、サントリーホールディングスが取り組むInstagram施策について、同社の白洲氏、そしてマーケティング支援を行うスマートシェアの齋川氏が対談。生活者との新しい手法での向き合い方やデジタルプロモーション領域におけるInstagram活用、特にインフルエンサーマーケティングのメリットや課題、それを踏まえた今後の展望などを語った。

サントリーホールディングスがInstagramに力を入れる理由

MarkeZine編集部(以下、MZ):今回はサントリーホールディングスのSNS施策についてうかがいます。自己紹介からお願いできますか。

白洲:サントリーホールディングスの宣伝部に所属しています。宣伝部では、各事業部門のメディア出稿を一元的に管理し、メディアの買い付けを戦略的に行っています。

 我々は単なるメディアの購入代行にとどまらず、特定のブランドにとらわれない「メディア」という接点を生かして、お客様の視点に立ったコミュニケーションを提案・実現することをミッションとして掲げています。

齋川:私はSNSマーケティング支援を行うスマートシェアで、ハッシュタグSEOの事業責任者を務めています。新規営業や企画立案、運用体制の構築、プロダクトのディレクションまで全般的に対応しています。

MZ:サントリーホールディングスのSNSマーケティング戦略についてお聞かせください。

白洲:生活者のマインドシェアを高めていく手段の1つとしてSNSを活用しています。

 従来型のマスメディアへの出稿だけでは、伝えたい情報を全員に届けることは難しくなっています。実際、調査を実施しても20代・30代の方と50代の方ではテレビの接触回数が明らかに違うという結果が出ています。また、若年層に向けた施策をTikTokで行った場合は、テレビで行った場合と比べて売り上げが大きく伸びることがわかっています。

 したがって、商材とターゲットのバランスを考えながらどのような施策を打つべきか、戦略的に練る必要があるでしょう。

サントリーホールディングス株式会社 宣伝部 白洲龍平氏
サントリーホールディングス株式会社 宣伝部 白洲龍平氏

白洲:今回のテーマであるInstagramは、他のSNSに比べて、好意醸成に効果的なメディアだと考えています。広告を配信する媒体としてだけでなく、インフルエンサーの発信力が特に活きるメディアだと捉えており、この特性を踏まえた活用に力を入れています。

 たとえばサントリー公式Instagramでは、グルメ・レシピ系のインフルエンサーさんとコラボレーションを行い、料理とサントリーの飲料を組み合わせて紹介しています。このように生活者が欲しいと思う情報を届けることで「サントリーっていいよね」といったイメージを醸成しています。

生活者のInstagramの使い方が変化。企業はどう対応すべきか

MZ:生活者のInstagramの使い方に変化は感じますか?

白洲:変わったと思います。以前は「映え」が重視されたように非日常的な世界観を見せる場と捉えられることが多かったですが、最近はX(旧Twitter)のように情報収集のために使う方も増えました。

 また、企業発信で「この商品がおすすめです」とプッシュされるより、同じ立場である他の生活者に「この商品、いいよね」とすすめられるほうが響く方も増えた印象です。

齋川:白洲様が話されたように、今までのマス的な打ち出し、画一的な企業側の発信だけでは情報を受け取らない生活者が増えてきました。まさに生活者が能動的に情報を取得しているといえますが、これは購入意思があるかを問わず、何気なく投稿を見に行き、そこから派生する形で新たに投稿を探しにいく行動も含まれます。

 このようなことから、納得のいく投稿・ブランドUGC・公式アカウントの信頼性をInstagram上で確認し、情報収集を一旦完結させた上で、購買につながっていくサイクルが発生しているとと考えられるでしょう。

次のページ
約14万人にリーチし、過去実績から見ても好成績!「フレシネ」が取り組んだ、新Instagram活用

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • X
  • Pocket
  • note
関連リンク
スマートシェアと取り組む、OWNLYを活用した企業SNS施策連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

和泉 ゆかり(イズミ ユカリ)

 IT企業にてWebマーケティング・人事業務に従事した後、独立。現在はビジネスパーソン向けの媒体で、ライティング・編集を手がける。得意領域は、テクノロジーや広告、働き方など。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

提供:スマートシェア株式会社

【AD】本記事の内容は記事掲載開始時点のものです 企画・制作 株式会社翔泳社

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2024/06/11 10:00 https://markezine.jp/article/detail/45645

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング