SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第97号(2024年1月号)
特集「2024年の消費者インサイト」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

Criteoとサイバーエージェントが連携、LINEのレコメンデーションメッセージのPoCを共同実施

 Criteoは、「レコメンデーション メッセージ for LINE公式アカウント」においてサイバーエージェントと連携し、PoCの実施ならびに提供に向けて、取り組みを開始した。

 同ソリューションは、Criteoの購買データとAI技術を通じてユーザーの興味関心を分析することで、パーソナライズされたレコメンデーションメッセージをユーザーに配信するもの。ニーズが多様化しているユーザーの興味関心に合うパーソナライズされたコンテンツを届けられるため、ユーザーとのエンゲージメントを強化し、効率よくCVR向上が可能になる。

 今回の連携により、Criteoの高度なレコメンド技術に加え、サイバーエージェントが提供するLINE公式アカウントに特化した独自ツール「CA-Link」が活用でき、新たにADフォーマットのA/Bテストが可能になる。

 これにより、同ソリューションでの配信できるメッセージのフォーマットの幅が広がり、メッセージを受け取るユーザーに合わせた形での配信ができる。

 なお、同ソリューションはPoCの実施を経て、LINEテクノロジーパートナーであるサイバーエージェントから提供が行われる予定。
 

【関連記事】
2日間の集中講座でWebマーケターのベースを作る、9人のプロから学ぶ基礎講座【12月開催】
MicoworksとCriteo、個人最適化された配信機能を開発 LINE上での広告配信が可能に
DAC、Criteoの購買データをもとにレコメンデーションメッセージを配信 ベータ版の提供を開始
Criteo、コマースメディアのトレンドレポートを発表
DAC、Criteoと協業 LINE公式アカウントのレコメンデーション・メッセージ機能の開発を目指す

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

デジタルを中心とした広告/マーケティングの最新動向を発信する専門メディアの編集部です。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2023/11/24 14:45 https://markezine.jp/article/detail/44206

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング