SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第101号(2024年5月号)
特集「進化するテレビマーケティング、現在の選択肢」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

カタリナ マーケティング ジャパン、2023年にヒットした新商品を調査/「無限のり」などが人気

 カタリナ マーケティング ジャパンは、日本全国の同社のネットワークにおけるスーパーマーケット・GMS・ドラッグストアなど小売店の年間売上データベースから、2023年最も多く消費者に手に取られた新発売商品をランキング化。「新商品ベストヒットランキング2023」として、6つのカテゴリーに分けて発表した。

飲料は「三ツ矢特濃グレープスカッシュ」、菓子は「無限のり」がトップに

 まず飲料部門では、アサヒ飲料の「三ツ矢特濃グレープスカッシュ」が1位に。2位も同社の緑茶ブランド「アサヒ 颯」がランクインした。

 菓子類部門は、亀田製菓の「無限のり」がトップだった。2位にロッテの「ザクザクやみつきクランキー」、3位には湖池屋の「プライドポテト 通の黒胡椒」が続いた。

ベースメイクではコーセーが1位に 井田ラボラトリーズ「セザンヌ」も根強い人気

 続いてベースメイク部門では、コーセーの「メイクキープパウダー」が1位となった。また2位から5位はいずれも井田ラボラトリーズの「セザンヌ」の商品がランクインし、人気を集めた。

 機能性飲料部門では、森永乳業とTBCのコラボレーション飲料「TBC1日分の鉄分 ピーチミックス」がヒット。2位にはサントリー食品インターナショナルの「サントリー天然水ファイバー8000」が入った。

アイス類は定番ブランドの期間限定フレーバーが人気

 調味料類部門の1位は、エバラ食品の「プチッとうどん 明太子うどん」に。2位はダイショーの「名店監修鍋スープ 天下一品京都鶏白湯味」となった。

 アイス類部門は、森永乳業の「MOW(モウ) マスクメロン味」が1位という結果だった。2位以下はロッテの「爽」「クーリッシュ」や森永乳業の「ピノ」など、人気ブランドの期間限定フレーバーがランクインした。

【関連記事】
2023年上半期の消費者の購買行動、金額・数量・回数はいずれも前年比で減少【カタリナ消費者総研調査】
興味をひかれる商品に出会う場所 全体の3割以上が「YouTube」と回答【LINEリサーチ調査】
女性の約半数がパッケージデザインが決め手で商品購入した経験アリ/日本トレンドリサーチ&スプリック調査
日本人の7割が生成AIのコンテンツを信頼/AIが薦める商品購入に6割が前向き【キャップジェミニ調査】
8割超が商品の「耐久性」を重視/新商品をシーズンごとに購入する人は約2割に【メルカリ調査】

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • X
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

デジタルを中心とした広告/マーケティングの最新動向を発信する専門メディアの編集部です。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2024/02/19 12:15 https://markezine.jp/article/detail/44685

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング