SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第102号(2024年6月号)
特集「ブランドは気まぐれな消費者とどう向き合うべきか?」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

クニエ、データ活用のコンサルティングサービスを提供開始 事業化の可能性評価や有望アイデア選定を支援

 NTTデータグループのクニエは、6月17日、「データマネタイゼーション・アイデア抽出サービス」の提供開始を発表した。

 同サービスは、企業の保有データから新規ビジネスの可能性を抽出・一覧化し、事業化の可能性評価、有望アイデアの選定を支援するもの。保有するデータおよびその価値を整理し、提供可能性のあるターゲット顧客を独自のフレームワークに基づいて洗い出し、アイデアの抽出、評価・選定を行う。

サービスの概要

 これによりユーザー企業は、以降の検証~構築フェーズにおいて手戻りなく進めることができ、早期に事業化に向けたアクションを取ることが可能になる。

 同社は現在、データマネタイゼーション推進の第2フェーズ「顧客検証」にて、ターゲット顧客に対し実際のデータを見せながら価値を検証する方法論を開発している。

【関連記事】
ファインズ、中小企業向けマーケティングデータ一元管理ツール「Raise」をローンチ 
日本セーフティーとテミクス・データが業務提携 「新生活モーメント」特化のマーケティングサービスを提供
NTTデータ先端技術、CX変革を支援するプログラムを提供開始 アイデアの創出から実現まで伴走
日本IBMとトレジャーデータ、金融機関向けマーケ業務を高度化するサービスを提供 非金融領域で活用も
unerryとカイバラボが連携、「人流データ×購買データ」のリテールメディアサービスを提供開始

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • X
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

デジタルを中心とした広告/マーケティングの最新動向を発信する専門メディアの編集部です。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2024/06/18 08:30 https://markezine.jp/article/detail/45567

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング