SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

新着記事一覧を見る

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第101号(2024年5月号)
特集「進化するテレビマーケティング、現在の選択肢」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

電通ジャパン・インターナショナルブランズとIndex Exchangeがパートナーシップを締結

 電通ジャパン・インターナショナルブランズと、独立系広告エクスチェンジ企業であるIndex Exchange Inc.は、メディアバイヤーがデジタルメディアをキュレートできるオムニチャネル・プラットフォーム「Index(インデックス)マーケットプレイス」における提携を発表した。

 このパートナーシップにより、電通ジャパン・インターナショナルブランズは、デマンドサイド・プラットフォーム(DSP)を使用したプログラマティック取引を行う際に、Index Exchangeが提供する、ストリーミングTV、ディスプレイ広告、動画、モバイルアプリにまたがる広範なメディア在庫へアクセスできるようになる。

 今回のパートナーシップ提携について、両社はそれぞれ以下のようにコメントしている。

 この度の世界有数のサプライサイドプラットフォーム(SSP)の一社であるIndex Exchangeとのパートナーシップ締結を大変嬉しく思います。Indexマーケットプレイスは、先進的な技術を駆使し高い効率性を追求しています。私たちは、Index Exchangeの豊富なメディア在庫をキュレートし、我々の独自のソリューションを組み合わせることで、様々な業種の広告主に向けて、ブランドセーフな環境で展開するマーケティング機会を提供できることを楽しみにしています。
(電通ジャパン・インターナショナルブランズ 代表者 堀尾 尚弘氏)

 この度の電通ジャパン・インターナショナルブランズとのパートナーシップ締結を大変光栄に思います。マーケットプレイスは、電通グループのアセットと当社の幅広いオムニチャネル・メディア企業で構成される安全で高品質なエクスチェンジを活用することにより、マーケターのニーズと効率性の高いメディア在庫を繋ぐ架け橋となるものです。このパートナーシップを通じて、日本のマーケターとメディアオーナーにとって、価値のある新たなビジネスの機会を提供して参ります。
(Index Exchange CEO アンドリュー・カサーレ氏)

【関連記事】
電通デジタルとJTB、マーケティング支援で協業 地域の観光課題に対して伴走する支援サービスを展開
電通グループ、新たなブランドメッセージ「Innovating to Impact」を発表
【耳から学ぶ】電通「日本の広告費2023」の詳細から、今のメディアパワーと傾向を読み解く
電通グループ、「2030サステナビリティ戦略」をアップデート 5つの重要課題を設定
電通プロモーションプラスら、データに基づくトレンド予測を活用した商品開発支援サービスを提供開始

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • X
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

デジタルを中心とした広告/マーケティングの最新動向を発信する専門メディアの編集部です。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2024/05/28 16:45 https://markezine.jp/article/detail/45784

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング