SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第83号(2022年11月号)
特集「Web3、メタバース、NFT ── 最新技術が マーケティングに及ぼす影響」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

200以上の国や地域のホットな検索キーワードがわかる、「Googleトレンド」日本版公開

 「Googleトレンド」(http://www.google.com/trends)は、あるキーワードがGoogleのウェブ検索でどのくらい検索されたかを、期間や地域を指定してグラフ表示することができる。

複数キーワードはカンマで区切って、5つまで指定することができる

 Googleトレンドではさまざまな国や地域を指定することが可能となっており、イラク、アゼルバイジャン、トンガ、ソマリアなど、対応する国・地域は200以上にのぼっている。このうち日本や米国を含む26か国については、さらに県や州ごとのデータを閲覧することもできる。また、期間指定も2004年1月まで月ごとにさかのぼることも可能となっている。

「日本」を指定し、さらに各県を指定することもできる

 Google Japan Blogの10月28日のエントリでは、「紅葉」というキーワードの検索数が毎年秋に上昇している様子や、「iPhone」というキーワードの爆発的な増 加、さらには「納豆」と「なっとう」を指定することで、漢字とひらがなのどちらの検索数が多いかの比較など、さまざまな使い方を紹介している。

【関連記事】
Google、ついにネットの話題分析機能「Hot Trends」を公開
「ジャンル別にホットな話題ランキング」kizasi.jpがリニューアル
国内リスティング広告シェアでGoogleが追撃、オーバーチュア63.6%、Google36.4%
Google Analyticsに新しいレポート機能追加、ドラッグ&ドロップで高度なデータ分析が可能に

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2008/10/29 13:41 https://markezine.jp/article/detail/5782

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング