MarkeZine(マーケジン)

記事種別

講談社、3秒で読める「瞬間誌」をデジタルサイネージで展開

2009/03/04 12:35

 講談社の研究機関であるジャーナル・ラボが開発した「瞬刊誌」は、講談社の『週刊現代』および『フライデー』のスクープ記事を「3秒のコピー」と「3秒の写真」で構成したもので、コンテンツの間に広告をはさんで街中のディスプレイ視聴者向けに配信するプッシュ型のメディア。

「瞬刊現代」のコンテンツイメージ

 今回配信が行われる「福岡街メディア」は、福岡市内の交通機関、コンビニエンスストア、ドラッグストア、大型商業施設などを中心に設置された500面を超えるデジタルサイネージ(電子看板)メディアで、実験ではCOMELが開発したシステムによって、2誌の発売前日に配信を行う。

 両社はこの実験でデジタルサイネージにおける「瞬刊誌」の視聴率や受容性を測定し、講談社の持つコンテンツとデジタルサイネージシステムを融合させたメディアの実現を目指す。また、携帯電話やPCなどの媒体との連携も視野に入れてマルチプラットフォームを活用した展開も追求するとしている。

【関連記事】
電通とNTT、デジタルサイネージの大規模な広告配信実験を開始
第6のメディア「デジタルサイネージ」、2015年には1兆円市場に
病院での平均待ち時間は40分、待合室のデジタルサイネージにおける広告効果とは?
ソニー、デジタルサイネージによる広告配信サービス開始

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5