SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第81号(2022年9月号)
特集「すごいBtoB企業がやっていること」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

モバイル・マーケティング・エッセンス

移動中より自宅がメイン?
モバイルサイトの本当の利用スタイルを知る

 前回、モバイルサイトのユーザー層がPCと大きく異なるということについて解説した。だがユーザー層だけでなく、その使われ方についても、PCの視点から見えない部分が多く、本当の利用実態というのはあまり知られていないように感じている。そこで今回は、モバイルサイトの本当の「使われ方」について検証していこう。

モバイルサイトは移動中より“自宅でのんびり”

 最も認識が異なる要素として挙げられるのが「利用場所」である。携帯電話はいつでもどこでも利用できることから、モバイルサイトも外出先や移動中で利用されるもの、という認識を持つ人が多いことだろう。では実際のところはどうなのだろうか? まずは以下のグラフを見て欲しい。

▲モバイルインターネットの利用場所(ビデオリサーチインタラクティブ「ケータイ2009edition」より集計)

 これは、モバイルインターネットを利用している人を、PCのインターネットを毎日利用している人(ヘビーユーザー)と、毎日は利用していない、あるいは全く利用していないという人(ライトユーザー)に分け、どのような場所でモバイルサイトを利用しているかを集計したものである。見ていただければ分かると思うが、PCサイトのヘビーユーザーは移動中や外出先での利用が多いのに対し、ライトユーザーは自宅内での利用が最も多く、ヘビーユーザーと比べ移動中などの利用が少なくなっている。つまりPCサイトに触れている割合が低く、モバイルサイトに触れる率が高いユーザーは、自宅でモバイルサイトを利用する傾向が強くなるのだ。

 では、自宅のどのようなシチュエーションで利用されているのだろうか。モバイルインターネット利用者の自宅内での利用シチュエーションをグラフで示したので、見てもらいたい。

▲PCライトユーザー自宅内でのモバイルインターネット利用シチュエーション
(ビデオリサーチインタラクティブ「ケータイ2009edition」より)

 こちらもグラフを見てもらえば明らかだが、利用者数が最も多いのは「休養/くつろぎ」、次いで「就寝前」となっている。こうしたことから、モバイルサイトを多く利用するユーザーは、移動中より自宅でのんびり使う方が多いということがいえる。

 通勤/通学手段の中心が電車などの公共交通機関となる都市部では、この傾向はなかなか理解しづらいかもしれない。だが郊外や地方では通勤・通学に自動車や自転車と用いる人も多く、そもそも携帯電話を操作しながら移動することはできない。前回、モバイルサイトは都市部に集中しておらず全国で利用されていると説明したが、利用が都市部に集中していないのだから、移動中より自宅での利用が多くなるのは必然といえるだろう。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

次のページ
モバイルサイトとテレビは相性がいい

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
モバイル・マーケティング・エッセンス連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

佐野 正弘(サノ マサヒロ)

エンジニアとしてゲームや携帯コンテンツなどの開発を手がけた後、携帯電話・モバイル専門のライターへと転身。若者のケータイ文化からスマートフォンまで、携帯電話に関する多くの著書を手がけるほか、講演やテレビ等へのコメント等も行っている。近著に「Touch Diamond&Touch Pro 入門ガイド」(翔泳社)...

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2009/04/20 10:00 https://markezine.jp/article/detail/6796

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング