SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第81号(2022年9月号)
特集「すごいBtoB企業がやっていること」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

リサーチデータで読み解く!最新Webマーケティング

キャリアごとに利用率の差が生じる公式メニューの検索窓【リサーチ】

 Webマーケティングガイドでは、インターネット調査会社の株式会社ボーダーズと共同でPCの検索とモバイルの検索の比較調査を行った。公式メニューの検索利用率はキャリアごとに差があることがわかった。【バックナンバー】

調査概要

 前回は、PC、モバイルそれぞれの検索の不満についてまとめた。その結果、PCに比べてまだ比較的モバイルの検索の不満点が多いという点や、モバイルの検索結果が不満でPCで検索し直す人がいることがわかった。今回の調査では、検索結果をどれだけ見るか、また、どのような検索エンジンをユーザーは利用しているのかを調査した。

調査結果サマリー

  • PCの検索、モバイルの検索共によく利用する人はPCの方が多くの検索結果を見る
  • 検索結果は2ページ目まで見る人が多い
  • モバイルの検索では各キャリアの公式メニューから検索する人が約半数となっている
  • SoftBank、auでは公式メニューから検索する人が多く、docomoではブックマークした検索サイトから検索することが多い

調査対象

  • 調査対象:10代~50代のPCの検索、モバイルの検索両方を良く利用する男女431人
  • 調査期間:2009年7月7日~2009年7月9日
  • 調査方法:インターネットリサーチ
  • 調査機関:株式会社ボーダーズ

検索結果を見るのは2ページ目まで

 Q1では、検索結果を何ページ目まで見るかを、PC、モバイルそれぞれで尋ねた。

 その結果、まずPCでは1ページ目までが14.4%、2ページ目までが25.8%、3ページ目までが23.0%、4ページでは8.8%、5ページ目までが14.4%、6ページ以上見る人は合計13.7%となっていた。多い順にすると、「2ページ目まで見る人」、続いて「3ページ目まで見る人」、「1ページ目まで見る人」と「5ページ目まで見る人」となった。

 一方でモバイルは1ページ目までが27.4%、2ページ目までが32.9%、3ページ目までが24.4%、4ページ目までが5.1%、5ページ目までが6.3%、6ページ以上見る人は合計3.9%となっていた。多い順では、2ページ目まで見る人、続いて1ページ目まで見る人、3ページ目まで見る人となった。

 どちらも2ページ目まで見るという人が最も多くなっているが、傾向としてPCの方が多くの検索結果を見られているといえるだろう。

Q1.検索をした時、検索結果画面は何ページ目まで見ることが多いか?
Q1.検索をした時、検索結果画面は何ページ目まで見ることが多いか?

 この結果をキャリアごとにクロス集計したが、各キャリアごとに特徴は見られなかった。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

次のページ
公式メニューからの検索が相変わらず多い

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
リサーチデータで読み解く!最新Webマーケティング連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

株式会社セプテーニ(カブシキカイシャセプテーニ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2009/10/09 11:00 https://markezine.jp/article/detail/8445

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング