SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第79号(2022年7月号)
特集「TikTok×マーケティングの最前線」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

Google版「あらたにす」? 米有力紙の記事まとめサイト「Living Stories」公開

 Google Labsの実験サービスとして始まった「Living Stories」は、報道機関がそれぞれのサイトで同じ情報を展開するのではなく、ひとつのURLで提供されるページ上に情報を統合する。

 たとえば、米国の医療保険制度改革についてのニュース、地球温暖化についてのニュースがまとめられ、いつ更新されたかがわかるようになっている。各トピックのリンクをクリックすると、そのニュースの概要や時系列で変化がタイムライン表示され、その下に、各ニュースの見出しと記事の一部が表示される。ひとつのトピックは、ニューヨーク・タイムズとワシントン・ポストごとに分かれており、2紙のニュースはあくまでも別個にまとめられている。

 日本でも、日経・朝日・読売の3紙が、オンラインで読みくらべができるサイト「あらたにす」を公開している。「あらたにす」は各紙の報道の違いを比較することが主眼だが、「Living Stories」はひとつのニュースの時間的な変化をわかりやく提示することがテーマとなっており、2つのサイトを比較するのも面白いだろう。

【関連記事】
日経・朝日・読売の読みくらべサイト「あらたにす」オープン
「信頼」の新聞広告と「情報」のネット広告は補完可能?
Google、有料記事の閲覧問題で新たな施策を発表
Googleが新聞社買収を断念、「一線は越えない」

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2009/12/09 11:35 https://markezine.jp/article/detail/9082

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング