SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第85号(2023年1月号)
特集「2023年、マーケターたちの挑戦 ──未来を拓く人・企業・キーワード」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZine Day 2010レポート

「ソーシャルメディア解析は、この2大指標から始めよう」 Twitter、Facebookなどソーシャルメディア時代のアクセス解析のコツ

業態別ソーシャルグラフ分析

 さらにソーシャルマーケティング解析の中級・上級編として、User Insightを活用したソーシャルメディアならではの解析方法を見ていく。ここをマスターすれば、自社にとってさらに有効なTwitter活用ができるだろう。

 ソーシャルメディアの特性として、ソーシャルグラフを活用した『定性的な情報を得られる』ことが挙げられる。今回は「メーカー」「EC」「メディア」の3つの業態に沿った「ソーシャルグラフ分析」のポイントが紹介された。

メーカー

 メーカーのサイトで重要なのは、次の2つである。

  1. 自社ブランドの評判調査
  2. 競合ブランドとの比較

 これはiPadというワードをUser Insightを使って調べた結果である。「同時に発言されたワードの特徴」を見れば、「フォロワー数の少ない人の中で、欲しいと思っているけどまだ持っていない人が多いな」などといった傾向が見て取れる。

 「発言者の影響力」では、発言した人の影響力(=フォロワー数)がわかるし、「男女比」・「地域の分布」も把握できる。「よく発言するユーザー」のアカウントも見ることができるので、自社製品に興味がある人をフォローしてみるのも良いかもしれない。さらに、競合製品についても同じ情報を取ることができるので、自社製品との比較データとして利用することもできるだろう。

EC

 ECサイトでは、売上に結びつくような、次の2つに関する情報が重要である。

  1. 新規顧客の開拓
  2. 優良顧客への情報提供

 ECサイトの場合、商品に関する情報をつぶやくことも多いだろう。

 その際、「直近3日間で反応が多かった発言 TOP5」を見れば、どのつぶやきに対してフォロワー=潜在顧客が興味を示したかを見ることができ、今後のつぶやきに活かせるようになる。また、「新たに加わったフォロワー」や、どのユーザーがコンバージョンに至ったかも見られるので、どんな人を増やせば売上を増やすことができるのかを分析することもできる。

メディア

 メディアサイトでは、

  1. コンテンツの属性調査
  2. ユーザーの興味分析

 といったコンテンツ評価に繋げられる分析が重要となる。User Insightのユーザーであるダイヤモンド社のダイヤモンドオンラインの例が紹介された。

 このヒートマップ分析を見れば、ページのどこまで見られたかがわかるのだが、さらに通常ユーザーとTwitter経由のユーザーを比較してみると、Twitter経由のユーザーの方が、ページの下までしっかりと読んでいることがわかる。これを個別のつぶやきと照らし合わすと、「どんなつぶやきに興味を持って訪問したか」「どんなつぶやきだと下まで読まれるのか」といったことも読み取れるようになる。

 「ソーシャルメディア分析は、なるべく早く取り組んだ方が、アドバンテージを得られます。今回Twitterに特化してお話させていただきましたが、mixi、GREE、Facebookにも対応しているので、ソーシャルメディアの定性的なフォロワーの解析やブランド解析に興味がある方は早く解析に取り組んで成果を上げていってください」とし、渡邊氏は講演を締めくくった。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZine Day 2010レポート連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

野本 纏花(ノモト マドカ)

1983年生まれ。成蹊大学経済学部卒業。大学卒業後、大手IT企業にてレンタルサーバーサービスのマーケティングを担当。その後、モバイル系ベンチャーにてマーケティング・プロダクトマネージャーを務める傍ら、ライター業を開始。旅行関連企業のソーシャルメディアマーケターを経て、2011年1月Writing&a...

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2010/11/09 11:00 https://markezine.jp/article/detail/12203

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング