SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第73号(2022年1月号)
特集「2022年の消費者インサイト」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZine Day 2010レポート

大ヒットへの最短ルートは顧客の声の“見える化”
競争優位性を生み出す、クチコミ活用の舞台裏


AND検索は半数以上が利用されていない?

 これまで企業目線で話をしてきたが、同様に、消費者も情報に埋もれている、と鈴村氏は指摘する。

 日経プラスワンの調査結果によると、目的の情報が見つからずイラッとした経験がある人は65%に上り、検索結果の件数が多過ぎてチェックしきれないという声も58%上がっていることがわかった。業界人は当然のように利用している『AND検索』も、

 利用している人が48%・知らない人が18%と、半数以上の人がAND検索を利用できていないという驚くべき結果となった。

 これまでの検索エンジンは、ユーザーが検索ワードを知らない/思い出せないと、欲しい情報に辿りつくことができない、という問題を抱えていることがわかった。これは大きなビジネス機会のロスに繋がり、ECサイトでは致命的だ。

ワードクラウド検索で消費者を導く

 これを解決してくれるのが、プラスアルファ・コンサルティング社の開発した「アルファスコープ」という新型検索エンジンだ。アルファスコープは、テキスト情報をクローリングして、サイト内のテキストマイニングをすることにより、「消費者のニーズ」と「企業の露出したい情報」をマッチングさせてくれる。

 今まで自分の探している情報に辿りつけずに途中であきらめてしまっていたユーザーを誘導するこの機能は、コンバージョンアップだけでなく、サイトの回遊率を上げ、アップセルにも繋げることができる。

大手カタログ通販サイト「フェリシモ」での「こだわり商品検索」活用例

 キーボードで文字を入力するのではなく、気になるワードをクリックするだけで新たな検索ができるので、リテラシーの低い一般ユーザーにとって利便性が高いだけでなく、スマートフォンやiPadなどのタッチパネル端末でも重宝するだろう。

iPadなら、”こだわりワード”をタッチして商品を選べる

 アルファスコープは、今年の5月に誕生以来、わずか数カ月の間に10社以上で導入が始まっているそう。トライアル版も用意されているので、気になる方は試していただきたい。

話題のテーマでの講演となり、会場は満席となった
話題のテーマでの講演となり、会場は満席となった

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZine Day 2010レポート連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

野本 纏花(ノモト マドカ)

1983年生まれ。成蹊大学経済学部卒業。大学卒業後、大手IT企業にてレンタルサーバーサービスのマーケティングを担当。その後、モバイル系ベンチャーにてマーケティング・プロダクトマネージャーを務める傍ら、ライター業を開始。旅行関連企業のソーシャルメディアマーケターを経て、2011年1月Writing&a...

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2012/11/06 17:04 https://markezine.jp/article/detail/12212

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング