SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第68号(2021年8月号)
特集「ブランドの魅力が伝わる、戦略的な顧客接点」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

ソーシャルで本当にインパクトがあるユーザーは全体の2%未満、AMNが「ユーザーチャート」100万解析データを分析

高いインパクトを持ったユーザーは全体の2%程度

 アジャイルメディア・ネットワーク(AMN)は、複数のソーシャルメディアを横断し、ユーザーのインパクトを測定するサービス「ユーザーチャート」を今年4月にリリース。解析数が100万人を突破したから、解析済ユーザーのデータを発表した。

 ユーザーチャートではユーザーのインパクトを分析し2桁の数値で表示しているが、100万人のアカウントを分析したところ、レベル30未満のユーザーが7割を超えている。インパクトで順位付けしたランキングでは、スポーツ選手やタレント、知識人など上位50のユーザーがレベル70以上となっており、複数のソーシャルメディアを活用して高いインパクトを持っているユーザーとなるレベル50以上は全体の2%未満となることがわかった。

解析済みユーザーのレベルの分布
解析済みユーザーのレベルの分布

4つのタイプ「キュレーター」「ネットワーカー」「プレゼンター」「コミュニケーター」

 ユーザーチャートでは、ツイッターでの発言傾向を分析して、「キュレーター」「ネットワーカー」「プレゼンター」「コミュニケーター」の4つの属性に分類している。このうち全体の43%を占める「キュレーター」は、URLを含む発言数が多いユーザー。ユーザーどうしのコミュニケーションよりも、いま話題のニュースなどをいち早くピックアップして発信することが多く、代表的キュレーターとして、著書『キュレーションの時代』で知られる佐々木俊尚氏(@sasakitoshinao)を挙げている。

ユーザーマップ機能の4つの属性
ユーザーマップ機能の4つの属性

 「ネットワーカー」は、URLを含む発言数が多いだけでなくリプライでの会話も多く、情報発信とユーザーとのコミュニケーションの両方を重視するユーザー。代表例は勝間和代氏(@kazuyo_k)。

 「プレゼンター」は、URLを含まない公式・非公式RTが多く、発言数も多いユーザー。自らの意見を多く発言しながら、適宜非公式RTなどを利用してユーザーとの会話もしている。孫正義氏(@masason)、糸井重里氏(@itoi_shigesato)らが該当する。

 「コミュニケーター」は、URLを含まない自身のコメントを発信する一次情報発信者的存在で、公式RT、非公式RTだけではなくリプライも多い。単なる情報発信よりもユーザーとのコミュニケーションを重視してTwitterを利用しているユーザーが該当。代表例は「NHKPR」(@NHK_PR)。

 AMNではこの結果について、現状ではコミュニケーターの数字が低くはなっているが、最近Twitterを使い始めたユーザーの中には、友人知人のみのコミュニケーションにTwitterを活用するなど、ユーザーのリアルなコミュニティに即したクローズドのコミュニケーションツールとしての利用が増えてきているとしており、今後解析数が増加するにつれて各属性の比率も変化してくると分析している。

【関連記事】
プロが聞いてみたいプレゼン1位は「糸井さん」
AMNの「ユーザーチャート」総合ランキング1位は「appbank氏」
女性30代が情報収集しているSNSは、FacebookやTwitterではなく「mixi」
テレビよりもオンライン広告の影響が強いのは日本のみ
「LINE」登録ユーザー数が世界5000万人突破

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2012/08/23 13:00 https://markezine.jp/article/detail/16269

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング