MarkeZine(マーケジン)

記事種別

オンライン・ディスプレイ広告、26.3%増の驚異的な伸び【ニールセン世界の広告費調査】

2013/08/06 15:20

世界の広告費は微増

 ニールセンの発表によると、2013年第1四半期(1~3月)の広告支出は世界全体で回復傾向にあるが、増加ペースは緩やかで、対前年同期比でわずか1.9%の伸びに留まった。地域ごとに大きな差があり、ヨーロッパでは減少、中東、アフリカ、中南米、アジア太平洋では微増、北米では増減なしとなった。

 アジア太平洋の広告支出は堅調な伸びを続け、第1四半期は5.8%増。中国、インドネシア、フィリピンは、ほぼ20%増と著しく成長している。この地域で支出が減少したのは日本のみ(1.1%減)である。

媒体別広告支出:オンライン・ディスプレイ広告が2桁の成長

 2013年第1四半期の媒体別広告支出を見ると、テレビが全媒体中の59%と他媒体を圧倒。テレビ広告費は世界全体で3.5%の増加しているが、ヨーロッパ経済不況の影響は避けられず、第1四半期のヨーロッパにおける広告支出は2.9%減少している。

 印刷媒体広告はゆるやかな減少が続き、第1四半期は雑誌が2.8%減、新聞が4.7%減でともに減少。世界全体で印刷媒体広告が減少しているが、新聞・雑誌をあわせた媒体シェアはほぼ30%を占め、いまだ広告メディアミックスの中での存在感を示している。

 オンライン・ディスプレイ広告は、調査対象がまだ一部の国に限定されているものの、第1四半期で26.3%増と驚異的な伸びを記録。アジア太平洋(33.2%)、中南米(48.2%)でオンライン・ディスプレイ広告の成長が著しい。オンライン・ディスプレイ広告は、広告全体が落ち込むヨーロッパでさえも、10.4%増と大きく成長している。

産業別広告費:インダストリー&サービス産業で広告支出が増加

 第1四半期に広告支出が最も増加したのはインダストリー&サービス産業(8%増)で、金融、自動車業界での広告費は減少している。インダストリー&サービス産業の広告支出が最も盛んに行われたのはアジア太平洋と中南米で、それぞれ22.1%、10%の増加。

 産業別広告費で圧倒的な存在感を示し続ける一般消費財(FMCG)も、この四半期で6.1%と大きく増加。飲料のサブカテゴリは9.7%の増加で世界全体の成長の原動力となった。また、化粧品・日用消耗品もこの四半期に5.6%増加している。一方、金融、自動車産業は、西洋諸国の長引く経済問題が主な要因となって伸び悩んでいる。

【関連記事】
世界のモバイル広告費は89億ドル、検索とディスプレイがともに80%以上の高成長率
RTBが米国オンライン広告を牽引、RTB経由のディスプレイ広告費は73%成長
ニールセン、世界の広告費動向を発表~2012年の広告費は全世界で3.2%増加
「日本の広告費」総広告費5兆8,913億円(前年度比103.2%)実に5年ぶりに増加
OmnicomとPublicisが合併、世界最大の広告会社に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5