SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第65号(2021年5月号)
特集「今日から始める運用型テレビマーケティング」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

11月19日は「世界トイレの日」、日本ユニセフが「見えないトイレ」を設置

 国連総会は今年7月、トイレにかかわる問題への人々の意識を高め、問題解決に向けた国際社会の取り組みを加速させるため、11月19日を「世界トイレの日(World Toilet Day)」に定めた。日本では、トイレを使えることが当たり前だが、世界ではいまだ25億人(3人にひとり)がトイレを使えない。そして、トイレのないところでの25億人の“用足し”が、多くの幼い命を奪っているという。

 初の国連「世界トイレの日」となる今年の11月19日、日本ユニセフ協会は、紅葉のピークを迎え多くの人が訪れる昭和記念公園に「見えないトイレ」を設置。3つの個室が並んでいるが、中央の扉を開けると、そこには本来あるはずの便座がない。そして、目の前には「トイレがあるのは当たり前だと思っていませんか?』のメッセージ。

(C)日本ユニセフ協会

 便座が地面に埋まり、草と土がむき出しのこの個室は、屋外をトイレとして使う人たちのトイレ、すなわち「見えないトイレ」を表現。個室内に入ることも可能だ。展示期間は、11月19日、9:30~16:30(開園時間内)。

写真:(C)日本ユニセフ協会

【関連記事】
1万食突破!「ヒトサラ×TABLE FOR TWO」飲食店予約でアフリカの子どもたちへ給食を
子どものいる家庭が参加している「地域コミュニティ」は?
トイレ掃除をするのは「お母さん」96%【TOTOしらべ】
コムニコ、eBook付き「この日何の日カレンダー」発売
フェイスブックで臓器提供の意思表示が可能に

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング