MarkeZine(マーケジン)

記事種別

モバイルシフトする消費者とミスコミュニケーションが起きていませんか?マルチデバイス時代のメールマーケティング事例紹介

2014/04/04 12:00

 急速なマルチデバイス化により、多くの企業はその対応に追われている。特にプッシュ型の主戦力であるメールは受け手側の環境に影響されやすく、喫緊の対策が必要だ。そんな中、積極的にマルチデバイス対応に取り組み、少しずつ成果を上げている企業も登場している。その1つとして、ストックフォトやフォトブックサービスで知られるアマナイメージズと、その施策支援を担ったエクスペリアンジャパンの事例を紹介する。

約9割の企業がメールのマルチデバイス対応に課題を感じている

 近年、スマートフォンやタブレットなどの普及やネット環境の進化などにより、ユーザー側のマルチデバイス化が急速に進んでいる。メール配信システム『MailPublisher』を提供するエクスペリアンジャパンによる独自調査によると、企業の約9割がメールのマルチデバイス対応に課題を感じているという。また、海外を含めたHTMLメール閲覧率の調査では、モバイルによる閲覧がここ1年で急増していることが明らかになった。

エクスペリアンジャパン株式会社 マーケティング部
メールマーケティング エバンジェリスト 吉澤和之氏

 こうした調査を踏まえ、エクスペリアンジャパン マーケティング部 メールマーケティング エバンジェリストである吉澤和之氏は、「誰もが実感しているように、iPhoneやAndroidでの閲覧が増えたこと、それを支える高速LTE化の普及がその背景にあると考えられる。メールの閲覧環境はモバイルが一般化しており、もはやPCだけではないことは明白」と語る。

新しいユーザー層拡大により、モバイル対応が急務に

 その実感は、企業側にも当然得られていた。株式会社アマナ(以下、アマナ) WEBマーケティング事業部 WEBマーケティング部 マネジャーの高和丙氏は「早い段階から社内で『モバイルファースト』という言葉が飛び交っていた。ただしサービスの性格上、現状としては取り組みが遅れていた」と振り返る。しかし、モバイルによるサイト閲覧比率が急増したことをきっかけに、急速にモバイル対応への意識が高まっていったという。その背景には、ストックフォトなど既存のBtoBビジネスに加え、BtoCビジネスへと事業を拡大していたことがあった。

株式会社アマナ WEBマーケティング事業部
WEBマーケティング部 マネジャー 高和丙氏

 「フォトブックなどのBtoC向け商材のプロモーションを強化し、その施策の一環として『Tポイント』や『Naverまとめ』との提携を行ったことが、個人ユーザーの急増につながりました。つまり、モバイルによる閲覧は個人ユーザーの急増とリンクしており、そうした新しいユーザー層に対する対応として、モバイル対応が課題に上がってきたわけです。そうしたことを踏まえて、どのような施策やデザインが求められるのか、デザイナーたちを含めた議論が頻繁に行われるようになりました」(高氏)

消費者の変化に向き合い、マルチデバイス対応に取り組もう!

※リンクをクリックすると外部サイトへ遷移します
エクスペリアンジャパンが提供するメール配信システム『MailPublisher』の詳細はこちら


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク

All contents copyright © 2006-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5