SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第81号(2022年9月号)
特集「すごいBtoB企業がやっていること」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

2014年ネット決済代行サービス市場規模、前年度比118.0%の1,599億円へ拡大【ミック経済研究所調べ】

 ミック経済研究所は、国内ネット決済代行サービスの市場動向調査を行った。全体の市場規模は、2013年度で1,355億円。2014年度も好調で前年度比118.0%、1,599億円の見込みと発表した。また、2014年度以降も、2018年度まで成長率は年平均16.5%増で推移し、2018年度には約3,000億円弱まで拡大すると予測。

ネット決済代行サービス市場規模推移
ネット決済代行サービス市場規模推移
ネット決済代行サービス市場規模推移

 主な要因としてはEC利用者と年間のEC利用額が増えていること、スマートフォンやタブレット端末の普及、Yahoo! JAPANの出店無料化などの影響による新規参入する事業者や個人の増加も挙げられるだろう。このような背景から、ECサイトと実店舗の両方を持つ事業者や、メーカー直販サイトなど、ネット決済代行サービス事業者にとっての顧客も増えているようだ。

 しかしながら同時に、EC事業者及び決済代行事業者同士の価格競争が激しさを増していることもあり。手数料率や月額費用などの値下げを迫られている状況も。さらに、ネット決済代行サービス提供側は、アジアを中心に海外展開や実店舗向けの決済ビジネスなど、事業領域を拡げる動きも目立ってきている。

【関連記事】
ファッションアプリ「iQON」、総合ファッションECサイト「MAGASEEK」と提携
記事を読む延長で商品購入可能、スマホ向けECサービス『Antenna ショッピング』スタート
LINE、スマホのホーム画面の着せ替えサービス「LINE DECO」正式公開
ロックオン「EC-CUBE」、日本郵便「ゆうびんポータル」と連携へ
EC&動画サイトはスマホへシフト、20代・30代ではスマホからのネット利用がPCを上回る

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2014/04/08 16:00 https://markezine.jp/article/detail/19644

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング