SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

おすすめの講座

  • [11月12日]Googleアナリティクス実践講座~基本操作編

おすすめのウェビナー

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第53号(2020年5月号)
特集「テレビ活用、その進化と真価」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

実践!WebマーケターのためのR入門

時系列データと箱ひげ図を利用して、ちゃちゃっとデータを分解し変動要因を特定しよう!【R入門講座】

 この連載ではフリーの統計解析言語かつ統計解析ソフトウェアである「R」についてマーケター向けにわかりやすく解説していきます。3回目となる今回のテーマは時系列データの取り扱い、および箱ひげ図を利用したデータの分解について紹介します。

時系列データの取り扱いとは?

 さてさて、第3回目となりました本連載。徐々に突っ込んでカコヨスかつ実践的な内容を盛り込んでいきたいと思います。

 脱線ばかりしていると編集長にばっさり削除されてしますので、、、前置きはこれくらいにして早速始めましょう!

 今回のテーマは時系列データの取り扱いです。

 ん? 時系列データってなんぞや? いやいや、恐れることはありません!

 過去の2回で使っていたデータも時系列データです。日付順に純広告のインプレッションやCVなどが並んでいましたね。もちろん、日次でなくとも月次や四半期ごとに集計されて時間順に並んでいるのであれば時系列データです。

 時系列データを扱う際のポイントは使っているデータがきちんと揃っていることです。

 具体的には2014年1月1日のデータがあったとして、純広告のインプレッションはきちんと揃っているものの、純広告のCVは午後のデータしかありませんでした!

 とか言うのはダメです。ダメ絶対。

 できる限りきちんとしたデータを集めましょう。時系列分析を活用するとデータを分解することができます。

 ん、データの分解?

 例えば、ある売上高のデータ系列が2014/1/1~2014/6/30まで日別であったとしましょう。この時期にあった大きなイベントは…? そうです! 消費増税ですね。

 買い置きができる商品であれば、3月に「一時的」な売り上げの増加があったかもしれません。また、平日よりも週末が売れる傾向がある商品かもしれません。

 時系列分析のある手法を使うと、データを次の3つに分解できるのです! 

  1. 一時的なノイズ
  2. 曜日などの周期的な動き
  3. トレンド

 これは今回の最後で紹介しますね。では早速、いつものデータを読み込みます。

sample<-read.table("c:/data/sample.txt",header=T)

これまでは「ファイル」→「ディレクトリの変更」で読み込みファイルのフォルダを指定していましたが、上記のようにファイルのパスを全て記入することもできます。

 第1回で確認したように純広告、インプレッション、CV_純広告、CV_インプレッションの4系列は規則的な上下の振幅が確認できました。

 この規則的な振幅について確認していきましょう。

簡単! 2015年2月10日「3つ」覚えて分析から視覚化まで即実践!Rでできるデータ分析講座開催

Rをインストールしたが、無骨なUIに「今日はこのへんで……」と、そっと閉じてしまった方にオススメです!

本講座では実機を使って「できるだけわかりやすく」グラフ化&データ分析をワークショップ形式で簡単に身に付けることができます。

★☆★「Rでできるデータ分析講座」の詳細・お申し込みはこちら★☆★

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

次のページ
曜日情報を整理する

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
実践!WebマーケターのためのR入門連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

豊澤 栄治(トヨサワ エイジ)

株式会社ファンコミュニケーションズ サービス開発部 情報科学技術研究所 所長横浜国立大学経営学部、一橋大学大学院国際企業戦略研究科卒SPSS Japan、みずほ第一フィナンシャルテクノロジー(株)、外資系運用会社(Amundi Japan)での経験を活かし、金融の分析ノウハウをマーケティング分野に適...

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング