SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第79号(2022年7月号)
特集「TikTok×マーケティングの最前線」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

広告運用の情報サイト「Unyoo.jp」出張所

米デジタルマーケティング業界が抱える6つの課題【米iMedia Brand Summit 2015】

 アタラ合同会社が運営するメディア「Unyoo.jp」から、コラムやキーパーソンへのインタビュー記事をピックアップして紹介する本連載。今回は、アタラ 取締役 COOの有園氏によるアメリカ・カリフォルニア州コロナドで開催された海外の「iMedia Brand Summit 2015」の参加レポートを紹介します。

アメリカのBrand Summitに参加してきました!

 先日9月13~16日にかけて、アメリカ・カリフォルニア州コロナドで「iMedia Brand Summit 2015」(以下、Brand Summit)が開催されました。今回のBrand Summitのメインテーマは、「Delighting Customers at Every Touchpoint」。会場はコロナドのLoews Coronado Bay Resortというホテル。ちなみに、コロナドという街は、カリフォルニア州サンディエゴにほど近いリゾート地です。

 参加者数は、約300名。参加しているブランド(広告主)は、American Express、Disney、Google、IBM、Intel、JPMorgan Chase、Lenovo、LG Electronics、McDonald’s、Office Depot、Sony Music Entertainment、Virgin Americaなど、60社ほどのブランドが参加していました。もちろん、広告主以外に、パートナーと呼ばれる広告代理店やツールベンダーも参加しています。比率としては、ブランド側が4割、パートナー側が6割ぐらいでした。

参加者の年齢層の高さからうかがえる、米ブランド企業におけるデジタルマーケティングの浸透

 今回参加して最初に感じたのは、参加者の年齢層が日本のBrand Summitよりも高いということでした。おそらく、50歳代のマーケターも数多く参加していました。理由は、ブランド側から「VP of Marketing」や「Director of Marketing」など、それなりの役職の人が参加しているからだと思います。日本でおこなわれるデジタルマーケティングのイベントは30~40歳代が中心だと思うのですが、今回のアメリカのBrand Summitは、平均的にそれよりも10歳上の世代が集まっている印象でした。

 これは私の勝手な解釈ですが、アメリカではそれだけデジタルマーケティングがブランド側に浸透しているんだろうと感じました。日本企業だと、デジタルマーケティングのことは若手に任せているというブランドが多いと感じているのですが、アメリカはその辺がかなり違うなぁと。さて、次からは私の印象に残った2つのセッションを紹介したいと思います。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

次のページ
アメリカのデジタルマーケティング業界が抱える6つの課題

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
広告運用の情報サイト「Unyoo.jp」出張所連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

有園 雄一(アリゾノ ユウイチ)

zonari合同会社 代表執行役社長/アタラ合同会社 フェロー早稲田大学政治経済学部卒。 1995年、学部生時代に執筆した「貨幣の複数性」(卒業論文)が「現代思想」(青土社 1995年9月 貨幣とナショナリズム<特集>)で出版される。2004年、日本初のマス連動施策を考案。オーバーチュア株式会社...

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2015/10/05 08:00 https://markezine.jp/article/detail/23175

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング