MarkeZine(マーケジン)

記事種別

DNP、シニア層の食卓データ提供サービスを拡充~「食MAP」のモニターに65~69歳を追加

2015/11/16 11:30

 大日本印刷の子会社、ライフスケープマーケティングは、生活者の食卓の消費実態等のデータを収集・分析してマーケティングデータとして提供する「食MAP」において、シニア層のデータ提供サービスを拡充することを発表した。

 「食MAP」は、誰が・どのような食品を購入し、いつ・どのように調理して食べるかという情報を収集し、データベース化しているもの。食品メーカーや流通企業を中心に利用されている。

 これまで同サービスのモニター対象は20~64歳だったが、今回65~69歳を追加。調査世帯も360世帯から400世帯に増やした。これにより65~69歳のシニア層の食卓データの提供が可能となり、各企業は高齢者向け商品の開発などに活用できるようになる。

【関連記事】
食事記録アプリ「あすけん」、ユーザーの摂取栄養素データを取得可能なAPIを提供
Sansanと日本郵便、名刺データと連携した年賀状印刷サービス「B2B LoveLetter」提供へ
NTTデータ、日本語を含む全言語のTwitterデータ分析提供を実現
電通と日本オラクル、企業のデータをマーケティング分野への統合活用につなげるプログラムを構築
SBTとemin、感情と行動データのリアルタイム連携サービス「Emotion i」を提供開始

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5