MarkeZine(マーケジン)

記事種別

携帯メールを使った検索メディア『@MTAP』の今後

2007/12/21 18:00

 「携帯メールを使った検索メディア『@MTAP』の今後」のテーマで登壇したのは、同サービスを提供する、株式会社アイ・ウェイブ・デザインCEOの長橋大蔵氏。冒頭で@MTAPを「ケータイのメール機能にフォーカスした情報検索サービス」と位置づけ、その特徴について解説した(この記事はmobidec2007のセッションレポート記事です。

@MTAPの検索方法 ~ブラウザではなくメールで~

 @MTAPとは、ケータイユーザーがメールの件名に「化粧水」など探したいキーワードを入れてメールを送信すると、キーワードに応じたコンテンツや商品購入ページなど、詳細ページにつながるリストを取得できるサービス。「ブラウザを開くことなく、メールで欲しい情報をピンポイントに検索できる。パケット代の節約にもつながる」とも。

株式会社アイ・ウェイブ・デザイン CEO 長橋大蔵氏

 @MTAPの具体的な検索方法は以下の手順となる。

  • 1. ユーザーはメールを起動。指定の宛先と、件名に「調べたいキーワード」を入力してメールを送信
  • 2. @MTAPのデータベースに格納されている顧客データから、キーワードに応じたリストを検索結果として返信
  • 3. ユーザーがリンク先をクリック
  • 4. 企業サイトなど、顧客のサイトへアクセス

 現在、展開しているのは、オークションやコミック、ゲームなどのカテゴリ。カテゴリごとにアドレスは異なり、ユーザーはあらかじめ調べたいカテゴリを決めてから、キーワード入力を行う。「検索結果に表示されるデータベースを提供するクライアントは、着うたなら『music.jp』といったように、それぞれのカテゴリの代表となるメディアと提携している」とも長橋氏は強調。

 また、ユーザーが入力するキーワードも、例えば歌手の倖田來未なら、若年層が使用する愛称「くーみん」でもヒットするようにするなど、欲しい情報が正確に・より多く表示されるよう「検索キーワードのバージョンアップは怠らず、情報のコンシェルジュとして努力している。よりヒットしやすくすることでユーザビリティの向上に努めている」とも打ち明けた。

※この続きは、会員の方のみお読みいただけます(登録無料)。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

All contents copyright © 2006-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5