SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第70号(2021年10月号)
特集「データ活用の新常識」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

シェア拡散されるブランドストーリー

音楽PVが世界で最もシェアされるのはタイ!?ソーシャルメディアが音楽にもたらす影響とは

 直近で爆発的にシェアされたコンテンツ事例をもとに、「そのコンテンツがシェアされた理由」を独自の目線で分析し、解説していく本連載。今回は音楽プロモーションビデオの中から注目のコンテンツを取り上げ、シェア拡散されている理由を探ります。

音楽PV視聴はTVからYouTubeに

 毎回、コンテンツがシェアされる理由を分析してきた本連載も3回目を迎えました。前回は、選挙期間中の政治コンテンツをシェア拡散視点で紐解きました(前回記事はこちら)が、今回はYouTubeの鉄板コンテンツ、音楽プロモーションビデオ(以下、音楽PV)について解説していきます。

 音楽PVの歴史を振り返ると、1960年代頃、ビートルズがTVへの出演オファーをビデオで代替するために音楽PVを積極的に制作したことが始まりといわれています。

 その後、米国MTVの興隆によって音楽とPVは切り離せない関係に発展しました。1990年代に入るとSpike Jonze、Chris Cunningham、Michel Gondryなどの新進気鋭の若手映像監督が、斬新なPVを次々と世に放ちしのぎを削るMTV全盛期を迎えます。広告やマーケティング業界に携わる方々の中で、音楽PVのクリエイティビティに感銘を受けてその道を志望した方も少なくないのではないでしょうか。ちなみに、僕自身もその口です(笑)。

 この当時、日本においても民放のゴールデンタイムには、いくつもの人気音楽番組が存在しました。そうした音楽番組の中では、様々な人気アーティストの音楽PVが流され、それがそのままお茶の間に流通するなど、まさに音楽PVはTV主体のコンテンツでした。

 しかし、時代の流れとともに、生活者が“新しい音楽を発見する”場所は、TVの音楽番組からWebへと移り変わり、音楽PVもその主戦場を徐々にYouTubeへと移していきました。今やWeb上で最もシェア拡散されるコンテンツカテゴリの1つが、音楽PVとなっています。

エンゲージメント数が高い謎の音楽PV

 では、Web上でシェア拡散されている音楽PVとは一体どんな動画なのでしょうか。2016年8月14日から過去1年間にYouTubeにアップされた音楽PVの中で、エンゲージメント数※が高い上位TOP10を見てみましょう。

※エンゲージメント数:いいねやシェア、コメント、リツイートなどFacebook、Twitter、Google+での総アクション数に加え、対象コンテンツについて取り上げた記事やソーシャルメディア上における口コミなどの総数。

図1:YouTube音楽PVエンゲージメント数ランキング:クリックで拡大
※出典:株式会社スパイスボックス自社ツール集計(調査期間:2015/8/14~2016/8/14)、
国内YouTubeにアップされた音楽PVの中で、エンゲージメント数が高い上位TOP10

 こうしてランキングを見てみると、Adele、ColdplayやJustin Bieberといった、日本でもお馴染みのミュージシャンたちが並ぶ中、「คนไม่จำเป็น」「ขอเวลาลืม」「แพ้ทาง」といった聞きなれない(というよりも、読めない)曲名やアーティストがランクインしているのが分かります。

 なんと、YouTube上にアップされている音楽PVの中で、世界で最もソーシャルエンゲージメントしているコンテンツの年間TOP10にタイの音楽PVが3つも含まれているのです。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

次のページ
世界的に高エンゲージメントなタイの音楽PV、その内容とは

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
シェア拡散されるブランドストーリー連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

物延 秀(モノノベシュウ)

スパイスボックス 副社長。2006年スパイスボックス入社。プロデューサーとして大手企業のデジタル・コミュニケーションをワンストップで支援し、2012年以降はソーシャルメディアを中心とした「共感」と「話題」を生むコンテンツのプランニングとプロデュース、自社ソリューション開発を統括。2016年に事業統括責任者および執行役員に就任。2017年より現職。自社サービス:インフルエンサーマーケティング支援「TELLER」、コンテンツマーケティング支援「BRAND SHARE」、ROI分析プラットフォーム「THINK」、自社メディア:「newStory」自著:『新ヒットの方程式』~ソーシャルメディア時代は、「モノ」を売るな「共感」を売れ!~(宝島社)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2016/09/06 08:00 https://markezine.jp/article/detail/25096

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング