SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第85号(2023年1月号)
特集「2023年、マーケターたちの挑戦 ──未来を拓く人・企業・キーワード」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

人気記事ランキング

MarkeZineで2016年に最も読まれたニュースランキング

 2016年、MarkeZineで最も読まれたニュースのトップ25を発表します。注目を集めたニュースはニールセンの、この調査記事でした。

2016年、注目を集めたニュースは……

 2016年、MarkeZineで最も読まれたニュースはニールセンが発表した「PCおよびスマートフォンのインターネットサービス利用者数ランキング」でした。続く2位も「起動ユーザー数の多いスマートフォンアプリのランキング調査」と、スマートフォンアプリの利用動向に注目が集まっています。

1位 人気スマホアプリの利用者は軒並み倍増/利用者数No1は4年連続「LINE」
【ニールセン調査】

2位 LINEが2位以下に大差をつけて1位に/実際に使われているアプリランキング
【ヴァリューズ調査】

3位 インスタグラム、日本でも「ビジネスプロフィール」
「Instagramインサイト」「投稿の宣伝」を提供

4位 Facebookが検索機能を更新、より詳細な投稿内容が検索可能に

5位 「LINE@」に投票・アンケートができる「リサーチ機能」

6位 SNSで影響力のあるメディア、『日経新聞電子版』『モデルプレス』の2強に【Greenromp調査】

7位 「セブン-イレブン」なんて呼ぶ? 東日本では4割が「セブン」と略す

8位 インスタグラム、動画の再生回数表示を開始

9位 電通、デジタルマーケティング専門の新会社「電通デジタル」を設立

10位 Facebook、オーディエンスネットワークをモバイルウェブへ拡大~日本はNTTドコモが参画

LINE、InstagramなどSNS活用に注目集まる

 11~25位では、TOP10から引き続き、LINEやInstagramといったSNSの話題が多く見られます。また、日本気象協会の「天気マッチング広告」が19位にランクイン。広告に活用できるデータが多様化している様子がうかがえます。

11位 「LINEバイト」が利用実績を公開、ユーザーの6割が10~20代/LINEからのバイト応募が8割

12位 8割「放送時間帯に視聴できないから」録画/7割以上が1週間以内に視聴
【スイッチ・メディア・ラボ調査】

13位 インスタグラム、時系列でのコンテンツ表示を取りやめ 関心度順での表示に変更へ

14位 インスタグラム、24時間後に消える動画・写真の投稿を可能に~Instagram Stories開始

15位 電通、デジタル広告サービスにおける不適切業務の発生について状況を発表

16位 企業からの情報収集ツール「LINE」が1位に/約8割がLINEきっかけに行動
【ジャストシステム調査】

17位 フリークアウトのDSP「FreakOut」、LINE広告プラットフォームと連携へ

18位 電通とリクルートHD、インバウンドマーケティング領域で協業

19位 日本気象協会、天気・気温に応じた広告配信が可能なサービス「天気マッチング広告」を開始

20位 学生の連絡手段は「LINE」、世の中の動きは「テレビ」「Twitter」で確認【東京工科大学調査】

21位 LINE×バスキュール×電通、七夕をリデザインする「みんなの七夕プロジェクト実行委員会」始動

22位 電通、GoogleとSupership、Teadsの3社とスマホ向けPMPを開発

23位 企業のFacebook利用率が8割越え/SNS活用で売上増を実感する企業が増加【NTT調査】

24位 リクルート×サイバーエージェント、新規事業創出プロジェクト「FUSION」始動
~今秋冬の事業化目指す

25位 サボると料金が上がる?オンラインダイエットプログラム「RIZAP ONLINE」提供開始

 いかがだったでしょうか? 2016年に最も読まれた記事ランキングも公開中。ぜひチェックしてみてください。

 本ランキングは、2016年1月1日~2016年12月25日の間にMarkeZineで読まれたニュースのうち、PV数が多い順に上位25位をご紹介しています。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
人気記事ランキング連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2016/12/29 11:00 https://markezine.jp/article/detail/25848

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング