MarkeZine(マーケジン)

記事種別

「新規顧客の獲得には外せない」デジタルガレージがLINE Ads Platformを勧めるワケ

2017/11/02 10:00

 新規顧客の獲得が頭打ちとなりCPAが高くなってしまう……。ダイレクトレスポンス広告を展開する企業で、この問題に陥る企業は多い。この問題の解決に向けて、デジタルガレージは運用型広告配信プラットフォーム「LINE Ads Platform」を積極的に提案している。CPAが改善されるだけでなく、ロイヤルティの高い顧客も獲得できるとクライアントからの評価は高い。「新規顧客獲得に、LINEの活用は外せない」と語る同社に、その魅力を聞いた。

LINE Ads Platformが新規顧客獲得に強い理由

 「新規顧客の獲得に悩まれているクライアントには、まずLINE Ads Platform(以下、LAP)を提案します」と話すのは、デジタルガレージ アドソリューション本部の藤友康臣氏と岩松泰平氏だ。

デジタルガレージ マーケティングテクノロジーカンパニー アドソリューション本部 アドオペレーション部 統括 藤友康臣氏
デジタルガレージ マーケティングテクノロジーカンパニー アドソリューション本部
アドオペレーション部 統括 藤友康臣氏

 ダイレクトレスポンス広告を展開したとき、新規の獲得件数が伸びずCPAが高くなってしまうといった課題を抱えている企業は多い。その理由のひとつに、アドネットワーク内に新規のユーザーが存在せず、見込み顧客が枯渇してしまっているということが考えられるだろう。

 現在、国内におけるLINEの月間アクティブユーザーは7,000万人以上。これに対し、1日あたりのアクティブユーザー数との比率が72.0%と、毎日利用しているユーザーが多い。(「LINEアカウント2017年10月-12月媒体資料」より)この規模に支えられたLAPは、広告媒体としてあらゆるユーザーを抱えているということになる。

デジタルガレージ マーケティングテクノロジーカンパニー アドソリューション本部 アドオペレーション部 グループリーダー 岩松泰平氏
デジタルガレージ マーケティングテクノロジーカンパニー アドソリューション本部
アドオペレーション部 グループリーダー 岩松泰平氏

 一般的に広告運用を手掛ける企業では、媒体ごとに担当のチームを編成することが多い。ところが同社では、LINE専門チームというような媒体専任制ではなく、媒体を横断したインフィード広告全般を扱うチームという体制を取っている。この組織体制について藤友氏は「クライアント視点に立ち、柔軟な提案をすることができる」とそのメリットを挙げる。さらにグループリーダーである岩松氏は、様々なプロダクトを扱う中でもLAPの重要性はますます高まってきていると話した。

 「金融やアプリ、コスメ・人材系などと、クライアントの業種問わずLAPは活用されています。LINEは日本のインフラに近い規模を持つアプリです新規の顧客獲得を目的とするなら、LAPは外せません」(岩松氏)

 LINEのユーザー属性は、やや女性比率が高いものの10代から60代超まで幅広い年齢層が存在する。また、これまで広告に接していなかったと見られるフレッシュなユーザーも混在しており、広告へ反応を示すユーザー群が一定数いることも特徴だ。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク

All contents copyright © 2006-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5