SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第83号(2022年11月号)
特集「Web3、メタバース、NFT ── 最新技術が マーケティングに及ぼす影響」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

アドミュージアム東京がリニューアル 新たな視聴ブースを設置

 12月1日、広告を専門としたミュージアムである「アドミュージアム東京」がリニューアルを行った。同館は2002年に12月にカレッタ汐留に開館後、15周年となるタイミングで全館リニューアルする運びとなった。

 同館には江戸時代から現在までの広告が展示されており、社会と広告のかかわりや広告領域の変化などを見て取ることができる。今回のリニューアルによって、作品の見せ方も大きく変化している。

 また、新たな視聴ブースとして「4つのきもち」と「コレクションテーブル」が追加された。「4つのきもち」では、びっくりする広告、考えさせられる広告、心あたたまる広告、元気ができる広告を4つのブースの中で閲覧することができる。

4つのきもち
4つのきもち

 一方「コレクションテーブル」では、大型タッチ式モニターで1950年代から現在までのTVCM、ポスターなど約2,000点の広告資料を見ることができる。

コレクションテーブル
コレクションテーブル

 これらは常設展示となっており、企画展示も随時開催される。別フロアでは、広告・マーケティングに関する専門ライブラリーも新しくなり、一般の来場者でも資料を手に取りたくなるような工夫が施されている。

【利用案内】
 入場料:無料
開館時間:火~土 11:00~18:00
 休館日:日、月
  住所:東京都港区東新橋1-8-2 カレッタ汐留

【関連記事】
Instagram、ビジネス利用のアカウント数が2,500万社を突破
オールアバウト、Web接客プラットフォーム「KARTE」と連携~オーディエンスデータの連携を実現
サイト間で分断されていた個客体験をつなぐ!プレイド、「KARTE CX CONNECT」をリリース
阪急うめだ本店、AIを活用した店内案内のチャットボットサービスを導入
「彼女感」「ストーリーってる」…JC・JK流行語大賞2017が発表【JCJK調査隊調査】

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2017/12/05 14:00 https://markezine.jp/article/detail/27580

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング